株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
0
    11日2日 上昇トップ3銘柄 日本テクノ・ラボ(3849) 日本PCサービス(6025) エムティジェネックス(9820)

    JUGEMテーマ:株・投資

    11日2日 上昇トップ3銘柄
    ☆3849 日本テクノ・ラボ(株)
     10月31日に平成31年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高56.3%増、
     営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
     ジュピタープロジェクトの次なる提携先候補ではないか?との思惑から、
     引き続き買われているのでしょう。
     1500円以上も期待できるでしょう。

    ☆6025 日本PCサービス(株)
     10月15日に平成30年8月期 決算短信のIRがでてました。
     30年8月期の業績は前年と比べ、売上高1.1%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
     来期予想は今期と比べ、売上高9.0%増、
     営業利益49.9%増、経常利益35.7%増、
     当期純利益427.8%増の予想でした。
     10月29日に定款一部変更に関するお知らせのIRがでてました。
     定款を変更しており、定款に有料職業紹介業や、
     コンピューター及びコンピューター関連機器の販売、
     保守及びレンタル等が追加されていました。
     これが評価され4日連続で大きく買われています。
     1500円以上も期待できるでしょう。

    ☆9820 エムティジェネックス(株)
     8月10日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高13.6%増、
     営業利益29.4%増、経常利益27.8%増、
     四半期純利益30.7%増となっていました。
     ここはT氏のポジション銘柄として買われ、
     2000円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
     45000円を超えていました。
     しばらくは売りに押され、9000円辺りまで売られていましたが、
     また上に動き出したようです。
     株価が乱高下しているため、手を出すなら注意が必要でしょう。

    11月2日 下降トップ3銘柄
    ★6366 千代田化工建設(株)
     10月31日の12時に業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高は変わらずですが、
     営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落と下方修正していました。
     さらに配当予想も修正しており、
     7.5円だった配当予想を0円と無配転落予想でした。
     これが原因で3日連続でストップ安まで売られています。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★7102 日本車輌製造(株)
     10月26日に平成31年3月期第2四半期決算短信のIRと、
     平成31年3月期第2四半期連結業績予想と実績値との差異および
     通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     第2四半期の業績は実績値と予想値に差異があり、
     実績値は予想と比べ、売上高2.6%減、
     営業利益380.1%増、経常利益453.7%増、
     四半期純利益637.8%増と良いものでした。
     さらに通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高3.4%増、
     営業利益64.3%増、経常利益74.1%増、
     当期純利益95.5%増となっていました。
     これが評価され2700円ほどだった株価が3000円を付けていました。
     本日は台湾での脱線事故の車両に設計ミスがあったと発表したことにより、
     ストップ安まで売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★3941 レンゴー(株)
     11月2日の13時に平成31年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高8.5%増、
     営業利益114.1%増、経常利益107.7%増、
     四半期純利益176.9%増と良いものでした。
     ただし、通期の業績予想を修正しており、
     営業利益23.3%減、、経常利益21.9%減、
     当期純利益28.6%減と下方修正しており、
     これが原因で大きく売られています。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      11日1日 上昇トップ3銘柄 アクモス (6888) 高見沢サイバネティックス(6424) インフォマート(2492)

      JUGEMテーマ:株・投資

      11日1日 上昇トップ3銘柄
      ☆6888 アクモス(株)
       10月31日に2019年6月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
       前年同期と比べ、売上高19.6%増、
       営業利益559.1%増、経常利益409.3%増、
       四半期純利益188.0%増となっていました。
       これが評価されストップ高まで買われています。
       400円以上も期待できるでしょう。

      ☆6424 (株)高見沢サイバネティックス
       8月10日に平成31年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
       前年同期と比べ、売上高12.3%減、
       営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
       ここはキャッシュレス関連銘柄として買われており、
       再度2日連続で大きく買われているようです。
       1500円以上も期待できるでしょう。

      ☆2492 (株)インフォマート
       10月31日に平成30年12月期 第3四半期決算短信のIRと、
       連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせのIRがでてました。
       第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高13.7%増、
       営業利益27.6%増、経常利益28.1%増、
       四半期純利益は大幅増となっていました。
       これが評価されストップ高まで買われています。
       1500円以上も期待できるでしょう。

      11月1日 下降トップ3銘柄
      ★3849 日本テクノ・ラボ(株)
       10月31日に平成31年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
       前年同期と比べ、売上高56.3%増、
       営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
       ジュピタープロジェクトの次なる提携先候補ではないか?との思惑から、
       引き続き買われていました。
       本日は利確売りに押されているのでしょう。

      ★7003 (株)三井E&Sホールディングス
       10月31日に 連結決算及び個別決算における損失の計上、
       繰延税金資産の取崩し、並びに業績予想及び
       配当予想の修正(無配)に関するお知らせ[のIRがでてました。
       通期の業績予想を修正しており、
       前回予想と比べ、売上高1.5%減、
       営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
       これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
       さらに売られることも考えられますので、
       しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

      ★3034 クオールホールディングス(株)
       10月31日に平成31年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
       前年同期と比べ、売上高3.3%減、
       営業利益27.8%減、経常利益26.1%減、
       四半期純利益18.2%減となっていました。
       これが原因で大きく売られているのでしょう。
       さらに売られることも考えられますので、
       しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

      投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
      | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        10日31日 上昇トップ3銘柄 セプテーニ・ホールディングス(4293) 日本テクノ・ラボ(3849) スミダコーポレーション(6817)

        JUGEMテーマ:株・投資

        10日31日 上昇トップ3銘柄
        ☆4293 (株)セプテーニ・ホールディングス
         10月30日に(株)電通による当社株券に対する
         公開買付けに関する意見表明、同社との資本業務提携、及び
         同社を割当予定先とする第三者割当による
         新株式発行等に関するお知らせのIR等がでてました。
         株式会社電通による公開買付けに関して、
         賛同の意見を表明していました。
         公開買付価格260円とのことで、
         この価格に向かって買われているのでしょう。

        ☆3849 日本テクノ・ラボ(株)
         7月31日に平成31年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
         前年同期と比べ、売上高31.5%増、
         営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
         ジュピタープロジェクトの次なる提携先候補ではないか?との思惑から、
         引き続き買われているようです。
         1500円以上も期待できるでしょう。

        ☆6817 スミダコーポレーション(株)
         10月30日に2018年12月期 第3四半期決算短信のIRと、
         剰余金の配当に関するお知らせのIRがでてました。
         第3四半期の業績は売上収益8.6%増、
         営業利益25.3%減、税引前利益39.1%減、
         四半期利益44.3%減となっていました。
         地合いの悪さから株価が下がっていたこともあり、
         第3四半期の決算が評価され大きく買われているのでしょう。
         1500円辺りも期待できるでしょう。

        10月31日 下降トップ3銘柄
        ★6366 千代田化工建設(株)
         10月31日の12時に業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
         通期の業績予想を修正しており、
         前回予想と比べ、売上高は変わらずですが、
         営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落と下方修正していました。
         さらに配当予想も修正しており、
         7.5円だった配当予想を0円と無配転落予想でした。
         これが原因でストップ安まで売られています。
         さらに売られることも考えられますので、
         しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

        ★3910 (株)エムケイシステム
         10月30日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
         第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
         第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高8.0%減、
         営業利益21.7%減、経常利益23.3%減、
         四半期純利益は赤字転落予想と下方修正していました。
         通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高9.5%減、
         営業利益49.7%減、経常利益49.8%減、
         当期純利益64.3%減と下方修正していました。
         これが原因でストップ安まで売られています。
         さらに売られることも考えられますので、
         しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

        ★4420 イーソル(株)
         10月12日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
         当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
         30年12月期の業績予想は前年と比べ、11.2%増、
         営業利益14.4%増、経常利益7.2%増、
         当期純利益2.2%減の予想でした。
         ここは10月12日に上場し、
         公開価格1680円の2.4倍となる4000円で初値をつけました。
         その後は右肩上がりに買われ6500円を超えていました。
         本日は利確売りに押されているのでしょう。

        投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
        | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          10日30日 上昇トップ3銘柄 幸和製作所(7807) セントラル総合開発(3238) 農業総合研究所(3541)

          JUGEMテーマ:株・投資

          10日30日 上昇トップ3銘柄
          ☆7807 (株)幸和製作所
           10月23日にパナソニック株式会社AMED採択課題への研究開発協力のお知らせがでてました。
           パナソニック株式会社が
           国立研究開発法人日本医療研究開発機構より採択されました
           「介護記録・センサー/ロボットのパッケージ化による
            介護業務支援システムに関する研究開発」において、
           協力機関として機器を提供いたしますとのことで、
           これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
           地合いの悪さから2日連続で売られていました。
           本日は地合いが良い事から上に動き出したのでしょう。
           1500円以上も期待できるでしょう。

          ☆3238 セントラル総合開発(株)
           8月10日に平成31年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
           前年同期と比べ、売上高135.5%増、
           営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
           260円だった株価が地合いの悪さから
           2日連続で売られて200円辺りまで下がっていました。
           本日は地合いの良さから元値まで買われているのでしょう。

          ☆3541 (株)農業総合研究所
           10月19日に日本郵政グループとの関係強化を目的とした
           資本提携契約締結及び株式の売出し並びに
           主要株主の異動に関するお知らせのIRがでてました。
           日本郵政キャピタル株式会社との間で資本提携を行うことを決議し、
           同日付で日本郵政キャピタルとの間で
           資本提携契約を締結いたしましたとのことで、
           10月22日にストップ高まで買われていました。
           本日は30日付の株式新聞の新興市場面で紹介されたことで、
           ストップ高まで買われています。
           4000円辺りも期待できるでしょう。

          10月30日 下降トップ3銘柄
          ★3658 (株)イーブックイニシアティブジャパン
           10月26日に特別損失の計上、法人税等調整額(益)の計上及び
           通期個別業績予想に関するお知らせのIRと、
           平成31年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
           第2四半期の業績は売上高66億9300万円、
           営業利益4億5100万円、経常利益4億4900万円、
           四半期純利益9400万円となっていました。
           減損損失等により、通期の個別業績予想を修正しており、
           前回予想と比べ、売上高は変わらず、
           営業利益53.3%増、経常利益53.3%増、
           当期純利益44.4%減と修正していました。
           これが原因で2日連続で大きく売られています。
           通期の上振れ期待はあるものの、
           短期的にはさらに売られることも考えられますので、
           しばらくは様子見している方が良いでしょう。

          ★8848 (株)レオパレス21
           10月29日に業績予想の修正及び、
           配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
           第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
           第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高2.1%減、
           営業利益22.8%減、経常利益26.8%減、
           四半期純利益は赤字転落予想でした。
           通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高6.7〜7.7%減、
           営業利益57.1〜69.3%減、経常利益58.3〜70.8%減、
           当期純利益は赤字転落予想でした。
           さらに10円だった中間配当予想は無配転落し、
           期末の配当予想は未定となっていました。
           これ等が原因で大きく売られています。
           さらに売られることも考えられますので、
           しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

          ★6315 TOWA(株)
           10月29日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
           第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
           第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高8.4%減、
           営業利益56.5%減、経常利益52.5%減、
           四半期純利益39.3%減と下方修正していました。
           通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高6.6%減、
           営業利益52.5%減、経常利益50.0%減、
           当期純利益44.8%減と下方修正していました。
           これが原因で大きく売られているのでしょう。
           さらに売られることも考えられますので、
           しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

          投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
          | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            10日29日 上昇トップ3銘柄 大京(8840) リリカラ(9827) 日本テクノ・ラボ(3849)

            JUGEMテーマ:株・投資

            10日29日 上昇トップ3銘柄
            ☆8840 (株)大京
             10月26日に2019年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
             2019年3月期配当予想の修正(無配)に関するお知らせのIR、
             支配株主であるオリックス株式会社による
             当社株式に対する公開買付けに関する賛同の意見表明及び
             応募推奨のお知らせのIR等がでてました。
             配株主(親会社)であるオリックス株式会社による
             公開買付けに賛同するとのことです。
             公開買付価格2970円とのことで、
             この価格に向かって買われているのでしょう。

            ☆9827 リリカラ(株)
             7月27日に平成30年12月期 第2四半期決算短信のIRと、
             平成30年12月期第2四半期累計期間の業績予想と
             実績値との差異に関するお知らせがでてました。
             第2四半期の業績は実績値と予想値に差異があり、
             実績値は予想値と比べ、売上高6.1%減、
             営業利益、経常利益は赤字転落、
             四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
             これが原因で大きく売られていました。
             9月12日インテリアビジネスニュースにて、
             リリカラ 変成シリコーン樹脂系接着剤
             「リリカラセメントR」新発売と紹介されており、
             賃貸住宅などの定期的なリフォーム工事に最適とのことです。
             本日は耐震・免振ダンパーのデータ問題を受け、
             内装の再工事が増えるとの見方から大きく買われているようです。
             250円辺りも期待できるでしょう。

            ☆3849 日本テクノ・ラボ(株)
             7月31日に平成31年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
             前年同期と比べ、売上高31.5%増、
             営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
             ジュピタープロジェクトの次なる提携先候補ではないか?との思惑から、
             引き続き買われているようです。
             1000円以上も期待できるでしょう。

            10月29日 下降トップ3銘柄
            ★6300 アピックヤマダ(株)
             10月26日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
             第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
             第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高33.0%減、
             営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
             通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高9.9%減、
             営業利益91.7%減、経常利益87.8%減、
             当期純利益98.8%減と下方修正していました。
             これが原因で大きく売られているのでしょう。
             さらに売られることも考えられますので、
             しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

            ★8165 (株)千趣会
             10月26日に平成30年12月期 第3四半期決算短信のIRと、
             中期経営計画の見直し、希望退職者の募集、
             業績予想の修正及び配当予想の修正(無配)に関するお知らせのIR等がでてました。
             第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高10.3%減、
             営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
             四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
             通期の業績予想を修正しており、
             前回予想と比べ、売上高5.4%減、
             営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
             さらに配当予想も修正しており、
             未定だった配当予想は無配となっていました。
             これ等が原因でストップ安寸前まで売られています。
             さらに売られることも考えられますので、
             しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

            ★9446 (株)サカイホールディングス
             8月9日に平成30年9月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
             前年同期と比べ、売上高6.3%増、
             営業利益18.1%増、経常利益3.4%減、
             四半期純利益10.6%減となっていました。
             9月25日に自己株式の取得及び
             自己株式の公開買付けに関するお知らせのIRがでてました。
             公開買付価格1315円とのことです。
             10月25日に自己株式の公開買付けの結果及び取得終了並びに
             その他の関係会社の異動に関するお知らせのIRがでてました。
             今回の自己株式の公開買付により、
             株式会社光通信が、その他の関係会社に該当しないこととなりますとのことです。
             公開買付が終了したことや、
             株式会社光通信が、その他の関係会社に該当しなくなったことで、
             大きく売られているのでしょう。
             さらに売られることも考えられますので、
             しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

            投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
            | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              10日26日 上昇トップ3銘柄 アサヒホールディングス(5857) 地域新聞社(2164) ジェネレーションパス(3195)

              JUGEMテーマ:株・投資

              10日26日 上昇トップ3銘柄
              ☆5857 アサヒホールディングス(株)
               10月25日に2019年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
               配当方針の変更、剰余金の配当および
               配当予想の修正(増配)に関するお知らせがでてました。
               第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高5.0%増、
               営業利益7.5%増、税引前利益4.3%増、
               四半期利益5.1%増となっていました。
               配当予想を修正しており、
               37円だった中間配当の予想を23円増配し、60円になっていました。
               さらに期末の配当予想も23円増配の60円の予想になっていました。
               これが評価されストップ高まで買われています。
               2500円以上も期待できるでしょう。

              ☆2164 (株)地域新聞社
               10月10日に平成30年8月期決算短信のIRがでてました。
               30年8月期の業績は前年と比べ、売上高2.9%増、
               営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
               来期予想は今期と比べ、売上高4.2%増、
               営業利益13.5%減、経常利益94.6%増、
               当期純利益986.1%増の予想でした。
               9月4日発売の日経トレンディで坂本氏が、
               地域新聞社を注目銘柄として取り上げて、
               「フリーペーパー買収に興味があるライザップが
                次に目をつけそうな可能性が大きい」として記事にしたことにより、
               ライザップからの買収思惑から買われ、
               500円ほどだった株価が右肩上がりに買われています。
               ただ、株価が大きく上がっているだけに、
               ここから手を出すなら注意が必要でしょう。

              ☆3195 (株)ジェネレーションパス
               9月13日に平成30年10月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
               前年同期と比べ、売上高9.1%増、
               営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
               10月22日に募集新株予約権
               (業績連動型新株予約権)の発行に関するお知らせのIRがでてました。
               監査済みの当社連結損益計算書の経常利益金額に
               非支配株主損益を加減した額の合計額が5億円を超過した場合に限り、
               各新株予約権者に割り当てられた新株予約権を行使することができるとのことで、
               これに期待され23日から買われています。
               800円以上も期待できるでしょう。

              10月26日 下降トップ3銘柄
              ★9820 エムティジェネックス(株)
               8月10日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
               前年同期と比べ、売上高13.6%増、
               営業利益29.4%増、経常利益27.8%増、
               四半期純利益30.7%増となっていました。
               ここはT氏のポジション銘柄として買われ、
               2000円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
               45000円を超えていました。
               現在は利確売りに押されているのでしょう。
               さらに売られることも考えられますので、
               しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

              ★4726 ソフトバンク・テクノロジー(株)
               10月25日に2019年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
               前年同期と比べ、売上高1.5%増、
               営業利益40.8%増、経常利益12.4%増、
               四半期純利益18.2%増となっていました。
               ただ通期に対する進捗率があまり良くないことや、
               本日の地合いの悪さからストップ安まで売られています。
               さらに売られることも考えられますので、
               しばらくは様子見している方が良いでしょう。

              ★6222 (株)島精機製作所
               10月24日に業績予想の修正及び
               配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
               第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
               第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高17.1%減、
               営業利益31.7%減、経常利益30.3%減、
               四半期純利益31.3%減と下方修正していました。
               通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高23.7%減、
               営業利益50.0%減、経常利益48.8%減、
               当期純利益47.8%減と下方修正していました。
               これが原因で2日連続ストップ安まで売られています。
               さらに売られることも考えられますので、
               しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

              投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
              | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                10日25日 上昇トップ3銘柄 幸和製作所(7807) エスポア(3260) メディアファイブ(3824)

                JUGEMテーマ:株・投資

                10日25日 上昇トップ3銘柄
                ☆7807 (株)幸和製作所
                 10月23日にパナソニック株式会社AMED採択課題への研究開発協力のお知らせがでてました。
                 パナソニック株式会社が
                 国立研究開発法人日本医療研究開発機構より採択されました
                 「介護記録・センサー/ロボットのパッケージ化による
                  介護業務支援システムに関する研究開発」において、
                 協力機関として機器を提供いたしますとのことで、
                 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
                 1500円以上も期待できるでしょう。

                ☆3260 (株)エスポア
                 10月12日に平成31年2月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
                 第2四半期の業績は売上高7億2800万円、
                 営業利益8800万円、経常利益4700万円、
                 四半期純利益3800万円となっていました。
                 メディアファイブが大きく買われていることで、
                 希少株に資金が集まっており、
                 ここも2日連続でストップ高まで買われています。
                 ただ、本日4万株の出来高があったことから、
                 ここから手を出すなら注意が必要でしょう。

                ☆3824 メディアファイブ(株)
                 10月11日に2019年5月期第1四半期決算短信のIRと、
                 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
                 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高6.2%増、
                 営業利益は0から300万円へ、
                 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
                 投資有価証券売却益5890万6千円を特別利益として計上したことにより、
                 第2四半期の業績予想を修正しており、
                 売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
                 四半期純利益は黒字転換予想となっていました。
                 10月12日にジュピタープロジェクト株式会社が大量保有報告書を提出しており、
                 これが評価され8日連続でストップ高まで買われています。
                 1000円ほどだった株価が5倍以上になっていますので、
                 ここから手を出すなら注意が必要でしょう。

                10月25日 下降トップ3銘柄
                ★3356 (株)テリロジー
                 8月10日に平成31年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                 前年同期と比べ、売上高6.5%減、
                 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
                 ここはT氏の公表しているポジション銘柄で、
                 1000円ほどだった株価が1950円を超えていました。
                 10月11日に主要株主の異動に関するお知らせのIRがでており、
                 山田亨氏の持ち株比率が上がっていたことで、
                 これが評価され大きく買われていましたが、
                 現在は地合いが悪い事もあり、
                 売りが集まっているようです。
                 さらに売られることも考えられますので、
                 ここから手を出すなら注意が必要でしょう。

                ★9820 エムティジェネックス(株)
                 8月10日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                 前年同期と比べ、売上高13.6%増、
                 営業利益29.4%増、経常利益27.8%増、
                 四半期純利益30.7%増となっていました。
                 ここはT氏のポジション銘柄として買われ、
                 2000円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
                 45000円を超えていました。
                 現在は利確売りに押されているのでしょう。
                 さらに売られることも考えられますので、
                 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

                ★6094 (株)フリークアウト・ホールディングス
                 7月31日に平成30年9月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
                 前年同期と比べ、売上高16.3%増、
                 営業利益は赤字転落、経常利益73.1%減、
                 四半期利益91.8%減となっていました。
                 本日は地合いが悪い事から大きく売られているのでしょう。
                 地合いが回復すれば、多少の反発も期待できるでしょう。

                投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
                | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  10日24日 上昇トップ3銘柄 メディアファイブ(3824) シリコンスタジオ(3907) 日本テクノ・ラボ(3849)

                  JUGEMテーマ:株・投資

                  10日24日 上昇トップ3銘柄
                  ☆3824 メディアファイブ(株)
                   10月11日に2019年5月期第1四半期決算短信のIRと、
                   業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
                   第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高6.2%増、
                   営業利益は0から300万円へ、
                   経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
                   投資有価証券売却益5890万6千円を特別利益として計上したことにより、
                   第2四半期の業績予想を修正しており、
                   売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
                   四半期純利益は黒字転換予想となっていました。
                   10月12日にジュピタープロジェクト株式会社が大量保有報告書を提出しており、
                   これが評価され7日連続でストップ高まで買われています。
                   1000円ほどだった株価が5倍以上になっていますので、
                   ここから手を出すなら注意が必要でしょう。

                  ☆3907 シリコンスタジオ(株)
                   10月5日に平成30年11月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
                   前年同期と比べ、売上高19.2%減、
                   営業利益の赤字幅は縮小、
                   経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
                   10月24日の11時30分にシリコンスタジオ、
                   AWSスタンダードテクノロジーパートナーに認定
                   ゲーム&エンターテインメント業界向けビジネスで培ったノウハウを活かし、
                   AWSベースのオンラインソリューションを幅広い業界へ提供とニュースがでてました。
                   アマゾン ウェブ サービスが提供するAWS Partner Networkにおいて、
                   スタンダードテクノロジーパートナーに認定されたとのことです。
                   これが評価され後場からストップ高まで買われています。
                   1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

                  ☆3849 日本テクノ・ラボ(株)
                   7月31日に平成31年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
                   前年同期と比べ、売上高31.5%増、
                   営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
                   ジュピタープロジェクトの次なる提携先候補ではないか?との思惑から、
                   3日連続でストップ高まで買われているようです。
                   1000円以上も期待できるでしょう。

                  10月24日 下降トップ3銘柄
                  ★9820 エムティジェネックス(株)
                   8月10日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                   前年同期と比べ、売上高13.6%増、
                   営業利益29.4%増、経常利益27.8%増、
                   四半期純利益30.7%増となっていました。
                   ここはT氏のポジション銘柄として買われ、
                   2000円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
                   45000円を超えていました。
                   現在は利確売りに押されているのでしょう。
                   さらに売られることも考えられますので、
                   しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

                  ★5614 (株)川金ホールディングス
                   10月23日に当社の子会社が製造した
                   建築物用免震・制振用オイルダンパーの検査工程等における
                   不適切行為についてのIRがでてました。
                   社内調査にて出荷していた免震・制振用オイルダンパーの一部について、
                   性能検査記録データの書き換え行為により、
                   顧客の基準値を外れた製品を出荷していた事実が判明したとのことです。
                   このIR前に国土交通省が23日、
                   東証2部上場の産業部材メーカー、
                   川金ホールディングス傘下の2社が、
                   地震による建物の揺れを抑える免震・制振装置(オイルダンパー)の一部で、
                   2005年2月から今年9月にかけ、
                   性能検査データを改ざんしていたと発表しており、
                   これが原因で2日連続でストップ安まで売られています。
                   さらに売られることも考えられますので、
                   しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

                  ★4335 (株)アイ・ピー・エス
                   8月10日に平成30年6月期 決算短信[のIRがでてました。
                   30年6月期の業績は売上高20億4600万円、
                   営業利益7000万円、経常利益7100万円、
                   当期純利益4600万円となっていました。
                   来期予想は今期と比べ、売上高2.3%減、
                   営業理経98.7%増、経常利益96.9%増、
                   当期純利益105.8%増と良いものでした。
                   17日にNTTドコモが発表した
                   「ドコモ・レンディングプラットフォーム」が
                   収益機会の増加につながるとの見方から買われているようで、
                   3日連続でストップ高まで買われ、
                   前日も大きく買われており、
                   730円ほどだった株価が1600円を超えていました。
                   現在は利確売りに押されているのでしょう。

                  投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
                  | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  0
                    10日23日 上昇トップ3銘柄 アクサスホールディングス(3536) アイ・ピー・エス(4335) LIFULL(2120)

                    JUGEMテーマ:株・投資

                    10日23日 上昇トップ3銘柄
                    ☆3536 アクサスホールディングス(株)
                     10月22日に合併等による実質的存続性の喪失に係る
                     猶予期間解除のお知らせのIRがでてました。
                     アクサスホールディングスは、
                     平成28年3月1日にアクサス株式会社と
                     株式会社雑貨屋ブルドッグ(現ACリアルエステイト株式会社)が、
                     共同株式移転の方法により両社を完全子会社とする
                     株式移転完全親会社として設立されており、
                     東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場へ
                     テクニカル上場していましたが、
                     有価証券上場規程第604条の2第1項第3号
                     (関連規則は同規程第601条第1項第9号b)に定める
                     「上場会社が実質的な存続会社でないと取引所が認める場合」に該当するため、
                     「合併等による実質的存続性の喪失」に係る猶予期間に入っていました。
                     株式会社東京証券取引所が定める基準に適合するとの認定を受け、
                     10月22日付で猶予期間から解除されたとのことで、
                     これが評価されストップ高まで買われています。
                     200円以上も期待できるでしょう。

                    ☆4335 (株)アイ・ピー・エス
                     8月10日に平成30年6月期 決算短信[のIRがでてました。
                     30年6月期の業績は売上高20億4600万円、
                     営業利益7000万円、経常利益7100万円、
                     当期純利益4600万円となっていました。
                     来期予想は今期と比べ、売上高2.3%減、
                     営業理経98.7%増、経常利益96.9%増、
                     当期純利益105.8%増と良いものでした。
                     17日にNTTドコモが発表した
                     「ドコモ・レンディングプラットフォーム」が
                     収益機会の増加につながるとの見方から買われているようで、
                     3日連続でストップ高まで買われ、
                     本日も大きく買われています。
                     1500円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

                    ☆2120 (株)LIFULL
                     10月22日に2018年9月期決算短信のIRと、
                     Mitula Group Limited を完全子会社化するための
                     友好的な買収を実施するための契約の変更に関するお知らせのIR、
                     配当方針の変更に関するお知らせのIR等がでてました。
                     2018年9月期の業績は売上高345億6400万円、
                     営業利益43億1500万円、税引前利益41億5600万円、
                     当期利益27億9900万円となっていました。
                     来期予想は今期と比べ、売上高12.9%増、
                     営業利益10.1%増、当期利益9.5%増の予想でした。
                     Mitula Group Limitedの発行済株式の全部を取得し
                     Mitulaを完全子会社化する取引に関連して、
                     本日、2018年5月9日に締結された
                     本件買収を実施するための契約である
                     Scheme Implementation Deedの変更契約を締結したとのことです。
                     これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
                     800〜1000円辺りも期待できるでしょう。

                    10月23日 下降トップ3銘柄
                    ★9909 愛光電気(株)
                     7月26日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                     前年同期と比べ、売上高5.2%減、
                     営業利益7.8%増、経常利益13.6%減、
                     四半期純利益5.6%増となっていました。
                     ここは7月から出来高が増え買われだし、
                     2000円後半だった株価が4600円を超えていました。
                     10月10日にコーポレート・ガバナンスに関する報告書にて、
                     大株主の名前にT氏の名前があったことから右肩上がりに買われ、
                     2700円ほどだった株価が5300円を超えていました。
                     現在は利確売りに押されているのでしょう。

                    ★5614 (株)川金ホールディングス
                     10月23日に当社の子会社が製造した
                     建築物用免震・制振用オイルダンパーの検査工程等における
                     不適切行為についてのIRがでてました。
                     社内調査にて出荷していた免震・制振用オイルダンパーの一部について、
                     性能検査記録データの書き換え行為により、
                     顧客の基準値を外れた製品を出荷していた事実が判明したとのことです。
                     このIR前に国土交通省が23日、
                     東証2部上場の産業部材メーカー、
                     川金ホールディングス傘下の2社が、
                     地震による建物の揺れを抑える免震・制振装置(オイルダンパー)の一部で、
                     2005年2月から今年9月にかけ、
                     性能検査データを改ざんしていたと発表しており、
                     これが原因でストップ安まで売られています。
                     さらに売られることも考えられますので、
                     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

                    ★5938 (株)LIXILグループ
                     10月22日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
                     第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
                     第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高6.1%増、
                     営業利益66.3%減、税引前利益67.9%減、
                     四半期利益は赤字転落予想でした。
                     通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高7.9%増、
                     営業利益48.7%減、税引前利益54.7%減、
                     当期利益91.3%減と下方修正していました。
                     これが原因で大きく売られているのでしょう。
                     さらに売られることも考えられますので、
                     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

                    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
                    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    0
                      10日22日 上昇トップ3銘柄 アイ・ピー・エス(4335) パルマ(3461) KYCOMホールディングス(3685)

                      JUGEMテーマ:株・投資

                      10日22日 上昇トップ3銘柄
                      ☆4335 (株)アイ・ピー・エス
                       8月10日に平成30年6月期 決算短信[のIRがでてました。
                       30年6月期の業績は売上高20億4600万円、
                       営業利益7000万円、経常利益7100万円、
                       当期純利益4600万円となっていました。
                       来期予想は今期と比べ、売上高2.3%減、
                       営業理経98.7%増、経常利益96.9%増、
                       当期純利益105.8%増と良いものでした。
                       17日にNTTドコモが発表した
                       「ドコモ・レンディングプラットフォーム」が
                       収益機会の増加につながるとの見方から買われているようで、
                       3日連続でストップ高まで買われています。
                       1500円以上も期待できるでしょう。

                      ☆3461 (株)パルマ
                       10月19日に平成30年9月期 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
                       平成30年9月期 配当予想の修正(増配)に関するお知らせのIR、
                       トランクシステム工業株式会社との資本提携に関するお知らせのIRがでてました。
                       通期の業績予想を修正しており、
                       前回予想と比べ、売上高7.2%減、
                       営業利益34.0%増、経常利益34.8%増、
                       当期純利益34.8%増となっていました。
                       期末の配当予想を修正しており、
                       1円増配し10円となっていました。
                       さらにトランクシステム工業株式会社と、
                       資本提携を行うとのことです。
                       これ等が評価されストップ高まで買われています。
                       2500〜3000円辺りも期待できるでしょう。

                      ☆9685 KYCOMホールディングス(株)
                       10月19日に連結子会社の異動(株式譲渡)及び
                       特別利益の発生に関するお知らせのIRがでてました。
                       子会社であるサポタント株式会社の全株式を
                       株式会社クロス・コミュニケーションに譲渡するとのことです。
                       それにより、1億4000万円の特別利益を計上するとのことです。
                       これが評価されストップ高まで買われています。
                       450〜500円辺りも期待できるでしょう。

                      10月22日 下降トップ3銘柄
                      ★7034 (株)プロレド・パートナーズ
                       10月19日に通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
                       通期の業績予想を修正しており、
                       前回予想と比べ、売上高15.2%増、
                       営業利益7.6%増、経常利益3.5%増、
                       当期純利益3.4%増と上方修正していました。
                       ただし、第3四半期の業績が良かっただけに、
                       通期予想は減益予想となっており、
                       これが原因でストップ安まで売られています。
                       さらに売られることも考えられますので、
                       しばらくは様子見している方が良いでしょう。

                      ★3960 (株)バリューデザイン
                       8月30日にバリューデザイン、りそなグループが提供する
                       「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」へ
                       ハウスプリペイド管理機能を提供のIRがでてました。
                       りそなグループが2018年11月以降に提供開始予定の、
                       「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」へ
                       「バリューカードASPサービス」の機能を提供するとのことです。
                       これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
                       1700円ほどだった株価が2600円を超えていました。
                       10月15日からはキャッシュレス関連として買われ、
                       5日連続で右肩上がりに買われ、
                       2200円ほどだった株価が3800円を超えていました。
                       本日は利確売りに押されているのでしょう。

                      ★9909 愛光電気(株)
                       7月26日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                       前年同期と比べ、売上高5.2%減、
                       営業利益7.8%増、経常利益13.6%減、
                       四半期純利益5.6%増となっていました。
                       ここは7月から出来高が増え買われだし、
                       2000円後半だった株価が4600円を超えていました。
                       10月10日にコーポレート・ガバナンスに関する報告書にて、
                       大株主の名前にT氏の名前があったことから右肩上がりに買われ、
                       2700円ほどだった株価が5300円を超えていました。
                       現在は利確売りに押されているのでしょう。

                      投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
                      | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      CATEGORIES
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ