株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 10月29日 上昇トップ3銘柄 カネヨウ(3209) 日本フォームサービス(7869) 高見沢サイバネティックス(6424) | main | 10月31日 上昇トップ3銘柄 ヤマト・インダストリー(7886) グリムス(3150) 太洋物産(9941) >>
0
    10月30日 上昇トップ3銘柄 光陽社(7946) TAC(4319) ダイヤ通商(7462)
    JUGEMテーマ:株・投資
    10月30日 上昇トップ3銘柄
    ☆7946 (株)光陽社
     10月22日業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     第2四半期と、通期の業績予想を修正しており、
     第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高1.9%増、
     営業利益、経常利益は赤字転落しており、
     四半期純利益4.7%減となっていました。
     通期の業績予想も修正しており、
     前回予想と比べ、売上高は変わらず、
     営業利益38.3%減、経常利益40.0%減、
     当期純利益は変わらずとなっていました。
     100分割し低位株になったYAMATOの株価が10倍になっていたこともあり、
     低位株に資金が集まっているようで、ここも大きく上昇しています。
     70円ほどだった株価が120円を超え、
     前日、利確売りに押されていただけに、
     本日一気に動いたのでしょう。
     ただ、本日の動きを見ていると、
     明日は利確売りの可能性が高いでしょう。

    ☆4319 TAC(株)
     10月29日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     第2四半期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高6.5%増、
     営業利益117.3%増、経常利益100.7%増、
     四半期純利益120.9%増とかなり良いものでした。
     それが評価され大きく上昇しています。
     400円以上も期待できるでしょう。

    ☆7462 ダイヤ通商(株)
     8月13日に平成26年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高1.6%減、
     営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
     100分割し低位株になったYAMATOの株価が10倍になっていたこともあり、
     低位株に資金が集まっているようで、ここも2日連続で大きく上昇していました。
     前日、前々日と利確売りに押されていましたが、また上昇を始めたのでしょう。
     150円以上も期待できるでしょう。

    10月30日 下降トップ3銘柄
    ★38329 (株)T&Cホールディングス第5回新株予約権
     ライツ・オファリングにより9月18日の株主に対し、
     1株につき1個割り当てられています。
     新株予約権2個で1株となり行使価額は13000円とのことです。
     9月19日に上場し、11月1日に上場廃止となります。
     現在の価格だと1株899円で2株必要ですので、
     1798円+13000円でT&Cホールディングス株が手に入ります。
     T&Cホールディングスが下がっていることもあり、
     同じようにここも大きく売られているのでしょう。
     ただ、T&Cホールディングスの株価次第では、
     ここからの上昇も期待できるでしょう。

    ★4824 (株)メディアシーク
     9月6日に平成25年7月期 決算短信のIRがでてました。
     25年7月期の業績は前年と比べ、売上高4.0%減、
     営業利益の赤字幅は縮小しており、
     経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
     来期予想は今期と比べ、売上高12.8%増、
     営業利益は黒字転換、経常利益21.8%減、
     当期純利益87.7%増となっていました。
     ここはLINE関連の銘柄で、
     先日LINEが来年に上場することを発表し、
     株価が大きく上昇していました。
     現在は利確売りと言ったところでしょう。

    ★6337 (株)テセック
     10月29日に平成26年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
     通期業績予想の修正及び
     配当予想の修正(無配)に関するお知らせのIRがでてました。
     第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高1.2%減、
     営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
     受注、売上が想定以上に低迷していることや、
     希望退職者募集に伴う特別損失などにより、
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高27.3%減、
     営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
     さらに配当予想も修正しており、
     20円だった配当予想が無配転落しました。
     それらが原因で大きく売られています。
     500円以下になることも考えられますし、
     今は手を出さない方が良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ