株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 9月11日 上昇トップ3銘柄 アマテイ(5952) アズ企画設計(3490) セルソース(4880) | main | 9月15日 上昇トップ3銘柄 アマテイ(5952) 日本パワーファスニング(5950) イトクロ(6049) >>
0
    9月14日 上昇トップ3銘柄 日本パワーファスニング(5950) アマテイ(5952) アズ企画設計(3490)

    JUGEMテーマ:株・投資

    9月14日 上昇トップ3銘柄
    ☆5950 日本パワーファスニング(株)
     8月7日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRと、
     業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高23.0%減、
     営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
     さらに通期の業績予想を未定に変更していました。
     共同通信が9日夜に、
     「新築の屋根瓦、全固定を義務化へ 国交省、災害で落下防ぐ」と記事を出しており、
     「国土交通省は9日、台風や地震で住宅の屋根瓦が落下しないよう、
      新築時は瓦を1枚ずつ全て固定することを義務化する方針を固めた」とのことで、
     これがきっかけとなり、
     住宅用の締結部材や締結工具を製造するここも、
     3日連続で大きく買われています。
     150円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

    ☆5952 アマテイ(株)
     8月7日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高8.4%減、
     営業利益7.5%減、経常利益89.5%減、
     四半期純利益は赤字転落していました。
     共同通信が9日夜に、
     「新築の屋根瓦、全固定を義務化へ 国交省、災害で落下防ぐ」と記事を出しており、
     「国土交通省は9日、台風や地震で住宅の屋根瓦が落下しないよう、
      新築時は瓦を1枚ずつ全て固定することを義務化する方針を固めた」とのことで、
     これがきっかけとなり、
     釘のトップメーカーであるここが3日連続で大きく買われています。
     200円以上も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

    ☆3490 (株)アズ企画設計
     7月10日に2021年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高10.7%減、
     営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
     四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
     9月10日にケラー・ウィリアムズ・ジャパンとの
     業務提携に関するお知らせがでてました。
     エージェント・グロース株式会社とサブライセンス契約締結による
     業務提携することに合意しましたとのことで、
     これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
     1500円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

    9月14日 下降トップ3銘柄
    ★6659 (株)メディアリンクス
     7月29日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高14.4%増、
     営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
     9月3日に中国国内の放送ネットワークに
     メディアリンクス製品が採用とニュースがでてました。
     中国最大の通信サービス事業者の一つが、
     中国全土をカバーする放送ネットワークの複数サイトでの運用に向け、
     IPネットワークを介し、安全性・信頼性の高い
     メディア映像伝送を可能にする
     MD8000ソリューションを採用したことを発表いたしますとのことで、
     これが評価され右肩上がりに買われ、
     300円ほどだった株価が860円を超えていました。
     本日は信用取引における増し担保規制により売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    ★7034 (株)プロレド・パートナーズ
     9月11日に2020年10月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高25.6%増、
     営業利益16.5%増、経常利益15.4%増、
     四半期純利益15.4%増となっていました。
     ただ、第2四半期と比べると、減益しており、
     それが原因で売られているようです。
     ただ、一気に売られすぎていますので、
     売りが落ち着けば、多少の反発も期待できるでしょう。

    ★2345 (株)クシム
     9月10日に2020年10月期第3四半期決算短信のIRと、
     ライツ・オファリング
     (ノンコミットメント型/上場型新株予約権の無償割当て)
     に関するお知らせがでてました。
     第3四半期の業績は売上高12億9700万円、
     営業利益100万円、経常利益500万円、
     四半期純利益1億2600万円となっていました。
     さらにライツ・オファリングを発表しており、
     10月31日を基準日とし、1株に付1個割り当てるとのことです。
     行使価額が1個につき700円とのことで、
     これによる希薄化懸念から2日連続で売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:52 | comments(0) | - | - | - |









    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ