株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 1月15日 上昇トップ3銘柄 ファンドクリエーショングループ(3266) 京写(6837) サイバーステップ(3810) | main | 1月17日 上昇トップ3銘柄 オンコセラピー・サイエンス(4564) オータケ(7434) イワブチ(5983) >>
0
    1月16日 上昇トップ3銘柄 エンチョー(8208) ログリー(6579) JMACS(5817)

    JUGEMテーマ:株・投資

    1月16日 上昇トップ3銘柄
    ☆8208 (株)エンチョー
     10月29日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
     第2四半期連結累計期間業績予想数値と実績値との差異及び
     通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高1.0%増、
     営業利益10.8%減、経常利益17.5%減、
     四半期純利益31.3%減となっていました。
     さらに通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高0.4%減、
     営業利益15.0%減、経常利益25.0%減、
     当期純利益50.0%減と下方修正していました。
     本日は特に材料は見当たらないものの、ストップ高まで買われています。
     ただ、材料が見当たらないだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

    ☆6579 ログリー(株)
     10月29日にログリー、MicroAd Taiwan, Ltd.と業務提携し
     海外に向けた広告配信領域を拡大
     ―LOGLY liftを通して大手台湾メディアへの広告配信が可能に―と
     プレスリリースがでてました。
     これが評価され2000円ほどだった株価が3300円を超えていました。
     11月12日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
     通期業績予想の修正に関するお知らせのIR等がでてました。
     第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高7.8%増、
     営業利益76.4%減、経常利益74.5%減、
     四半期純利益75.0%減となっていました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高15.2%減、
     営業利益76.5%減、経常利益80.2%減、
     当期純利益77.8%減となっていました。
     米グーグルが「今後2年以内に同社のブラウザ『クローム』で
     ターゲティング広告のためのクッキー利用を規制する計画」などと
     複数のメディアで報じられ
     Cookieを使用せずに
     ユーザー属性を推定する技術を確立し、
     特許を取得している同社に思惑買いが入ったようです。
     3000円以上も期待できるでしょう。

    ☆5817 JMACS(株)
     1月14日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高7.1%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
     これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
     700辺りも期待できるでしょう。

    1月16日 下降トップ3銘柄
    ★6064 (株)アクトコール
     1月15日に2019年11月期 決算短信のIRと、
     配当方針の変更および配当予想の修正(無配)に関するお知らせのIR等がでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高24.3%減、
     営業利益95.9%、営業利益163.6%増、
     当期純利益は黒字転換していました。
     来期予想は10が月の変則決算となるため、
     売上高40億円、営業利益7億7500万円、
     経常利益7億3100万円、当期純利益4億3900万円の予想でした。
     さらに未定だった配当予想を無配と決定していました。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★4673 川崎地質(株)
     1月15日に2019年11月期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高2.0%増、
     営業利益22.5%減、経常利益26.5%減、
     当期純利益8.7%増となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高1.4%増、
     営業理経27.8%増、経常利益13.5%増、
     当期純利益22.0%減の予想でした。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★4381 ビープラッツ(株)
     1月15日に通期連結業績予想及び
     通期個別業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高40.2%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 20:07 | comments(0) | - | - | - |









    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ