株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 12月12日 上昇トップ3銘柄 大塚家具(8186) プラザクリエイト本社(7502) インスペック(6656) | main | 12月16日 上昇トップ3銘柄 リーダー電子(6867) ぱど(4833) ホーブ(1382) >>
0
    12月13日 上昇トップ3銘柄 大塚家具(6166) 大谷工業(5939) セーラー広告(2156)

    JUGEMテーマ:株・投資

    12月13日 上昇トップ3銘柄
    ☆8186 (株)大塚家具
     12月12日の13時半に本日の一部報道についてのIRがでてました。
     一部報道において
     「ヤマダ電機が大塚家具を子会社化、
      40億円超で第三者割当増資を引き受けへ」との報道があったとのことで、
     これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
     さらに後場終了後の15時30分に
     ヤマダ電機との資本提携契約の締結、
     第三者割当による新株式及び新株予約権の発行並びに
     主要株主、主要株主である筆頭株主及び親会社の異動に関するお知らせのIRと、
     業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     新株式発行価格145.8円との事です。
     再建への期待感から2日連続でストップ高まで買われています。
     350円辺りも期待できるでしょう。

    ☆5939 (株)大谷工業
     11月12日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高5.9%増、
     営業利益114.5%増、経常利益108.2%増、
     四半期純利益129.0%増となっていました。
     12月6日に変更報告書が出ており、
     株式会社 ニュー・オータニが10000株を市場外で取得しており、
     これがきっかけとなり6日連続でストップ高まで買われています。
     10000円も超えましたしさらなる高値も期待できるでしょう。

    ☆2156 セーラー広告(株)
     11月12日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高1.3%減、
     営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
     本日は値動きの軽さから買われているようです。
     特に材料も見当たらないだけに、
     利確売りには注意が必要でしょう。

    12月13日 下降トップ3銘柄
    ★6966 (株)三井ハイテック
     12月12日に通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
     自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIR、
     2020年1月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
     第3四半期の業績は前年と比べ、売上高3.7%増、
     営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
     さらに通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高は変わらず、
     営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
     これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★3549 (株)クスリのアオキホールディングス
     12月12日に2020年5月期 第2四半期決算短信のIRと、
     業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高19.8%増、
     営業利益2.8%減、経常利益2.7%減、
     四半期純利益5.1%減となっていました。
     さらに通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高は変わらずですが、
     営業利益16.5%減、営業利益15.7%減、
     当期純利益15.4%減の予想と下方修正していました。
     これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★5218 (株)オハラ
     12月12日に2019年10月期決算短信のIRと、
     2019年10月期業績予想と実績の差異に関するお知らせのIRがでてました。
     2019年通期の業績は実績値と予想値に差異があり、
     実績値は予想値と比べ、売上高1.2%減、
     営業利益30.7%減、経常利益18.1%減、
     当期純利益6.7%減となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高2.6%減、
     営業利益11.2%減、経常利益21.5%減、
     当期純利益28.7%増の予想でした。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ