株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 8月21日 上昇トップ3銘柄 東京衡機(7719) ドーン(2303) バンク・オブ・イノベーション(4393) | main | 2019年8月のお奨め優待、配当銘柄を更新しました。 >>
0
    8月22日 上昇トップ3銘柄 サンセイ(6307) エクストリーム(6033) 第一精工(6640)

    JUGEMテーマ:株・投資

    8月22日 上昇トップ3銘柄
    ☆6307 サンセイ(株)
     7月31日に2020年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高5.3%減、
     営業利益97.1%減、経常利益95.0%減、
     四半期純利益は赤字転落していました。
     本日は特に材料なく買われているようです。
     ただ、材料が見当たらないだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

    ☆6033 (株)エクストリーム
     8月14日に2020年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高43.9%増、
     営業利益577.5%増、経常利益474.3%増、
     四半期純利益571.3%増と良いものでした。
     第1四半期後売られていた事もあり、
     第1四半期が遅れて評価された可能性はあります。
     2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

    ☆6640 第一精工(株)
     8月8日に第2四半期累計期間業績予想と実績との差異及び
     通期業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
     2019年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
     第2四半期の業績は実績値と予想値に差異があり、
     実績値は予想値と比べ、売上高3.7%減、
     営業利益、経常利益は赤字転落、
     四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
     さらに通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高3.1%減、
     営業利益45.0%減、経常利益25.0%減、
     当期純利益33.3%減と下方修正していました。
     これによる悪材料出尽くし感から買われているようです。
     8月21日に2019年12月期 第2四半期決算説明資料のIRがでてました。
     戦略商品の仕込みが順調なことや、
     新規参入分野での成形・組立ビジネス本格始動とのことで、
     これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
     ただ、業績を下方修正しているだけに、
     利確売りには注意が必要でしょう。

    8月22日 下降トップ3銘柄
    ★6628 オンキヨー(株)
     6月24日にOEM用スピーカー受注好調、
     増産に向けインド工場の生産ライン拡大へ
     〜第2工場、第3工場の設立を計画〜とPRがでてました。
     好調に拡大する受注に対応し、
     昨年度比約3倍となる、
     月産50〜60万台体制に向け、生産ラインを拡大するとのことです。
     これが評価され大きく買われていました。
     8月14日に2020年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高24.4%減、
     営業利益の赤字幅は拡大、
     経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
     8月21日に第三者割当による第7回新株予約権
     (行使価額修正条項付)の発行及び
     第三者割当契約の締結に関するお知らせのIRがでてました。
     株式会社SBI証券を割当先とし、
     41万6667個の新株予約権を発行するとのことです。
     これにより潜在株式数が4166万4700株増加するとのことで、
     これによる希薄化懸念により大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★6195 (株)ホープ
     7月23日に通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高1.6増、
     営業利益61.1〜26.5%増、経常利益49.1〜21.1%増、
     当期純利益73.9〜20.4%増と上方修正していました。
     これが評価され株価が右肩上がりに買われています。
     8月8日の8時50分に2019年6月期 決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高70.2%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高196.6%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益の予想値はでていませんでした。
     これが評価され3000円ほどだった株価が4600円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    ★6867 リーダー電子(株)
     8月21日に自己株式を活用した第三者割当による
     第2回新株予約権(行使価額修正条項付)の発行及び
     ファシリティ契約(行使停止指定条項付)の
     締結に関するお知らせのIRがでてました。
     SMBC日興証券株式会社を割当先とし、
     8800個の新株予約権を発行するとのことです。
     これにより潜在株式数が88万株増加するとのことで、
     これによる希薄化懸念により売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/2021
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ