株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 7月8日 上昇トップ3銘柄 SAMURAI&J PARTNERS(4764) セーラー万年筆(7992) フェニックスバイオ(6190) | main | 7月10日 上昇トップ3銘柄 アクセルマーク(3624) ユニゾホールディングス(3258) テックポイント(6697) >>
0
    7月9日 上昇トップ3銘柄 システムソフト(7527) 日宣(6543) SAMURAI&J PARTNERS(4764)

    JUGEMテーマ:株・投資

    7月9日 上昇トップ3銘柄
    ☆7527 (株)システムソフト
     4月26日に2019年9月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高2.4減、
     営業利益の赤字幅は拡大、
     経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
     本日は一部株式専門紙のネット版で取り上げられたことがきっかけで、
     ストップ高まで買われているようです。
     150円辺りも期待できるでしょう。

    ☆6543 (株)日宣
     4月12日に2019年2月期 決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高6.6%増、
     営業利益11.2%減、経常利益10.3%減、
     当期純利益65.0%減となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高11.2%増、
     営業利益8.7%増、経常利益0.9%増、
     当期純利益1.8%増の予想でした。
     7月9日にAI カメラを活用した
     スポーツ映像配信事業の実証実験についてのお知らせがでてました。
     朝日放送グループホールディングス株式会社、
     西日本電信電話株式会社、株式会社朝日新聞社、
     株式会社電通および株式会社日宣は、
     AIを用いてスポーツの自動中継を実現するカメラシステムを手がける
     「Pixellot Ltd.(ピクセロット)」のAIカメラを活用した
     スポーツ映像配信事業に関する共同実証実験を開始いたしますとのことで、
     これが評価されストップ高まで買われています。
     2000円辺りも期待できるでしょう。

    ☆4764 SAMURAI&J PARTNERS(株)
     7月5日にアドバイザリー契約締結による売上計上に関するお知らせのIRがでてました。
     日本国内の大手アミューズメント企業と
     資金調達支援を目的としたアドバイザリー契約を締結し、
     本契約により、約1億5000万円を売上計上する見込みとのことです。
     これが評価され前日にストップ高まで買われ、
     本日も大きく買われています。
     ただ、ストップ高まで買われてから、
     株価が下がっていますので、利確売りには注意が必要でしょう。

    7月9日 下降トップ3銘柄
    ★2976 日本グランデ(株)
     6月19日に札幌証券取引所アンビシャスへの上場に伴う
     当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
     2020年通期の業績予想は前年と比べ、売上高8.0%増、
     営業利益7.4%増、経常利益5.0%増、
     当期純利益7.0%増の予想でした。
     ここは6月19日に上場し、
     公開価格750円とあまり変わらない752円で初値をつけました。
     その後は値動きの軽さもあり右肩上がりに買われ、
     2550円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    ★1430 ファーストコーポレーション(株)
     7月9日の12時に2019年5月期決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高8.7%減、
     営業利益16.4%減、経常利益16.1%減、
     当期純利益18.7%減となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高5.2%増、
     営業利益31.7%減、経常利益32.6%減、
     当期純利益31.2%減の予想でした。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★3236 (株)プロパスト
     7月8日に2019年5月期決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高6.5%増、
     営業利益20.7%増、経常利益28.6%増、
     当期純利益1.2%増となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高5.3%増、
     営業利益17.3%減、経常利益18.8%減、
     当期純利益31.5%減の予想でした。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1990
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ