株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 6月28日 上昇トップ3銘柄 カルナバイオサイエンス(4572) オーミケンシ(3111) FRACTALE(3750) | main | 7月2日 上昇トップ3銘柄 リバーエレテック(6666) 日本グランデ(2976) アクセルマーク(3624) >>
0
    7月1日 上昇トップ3銘柄 ヒーハイスト精工(6433) ソフトフロントホールディングス(2321) 地域新聞社(2164)

    JUGEMテーマ:株・投資

    7月1日 上昇トップ3銘柄
    ☆6433 ヒーハイスト精工(株)
     5月15日に2019年3月期 決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高4.8%増、
     営業利益21.0%減、経常利益24.5%減、
     当期純利益32.7%減となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高5.3%減、
     営業利益0.5%増、経常利益0.7%増、
     当期純利益3.6%増の予想でした。
     本日はホンダのF1優勝を受けた思惑買いから買われているようで、
     ストップ高まで買われています。
     400円辺りも期待できるでしょう。

    ☆2321 (株)ソフトフロントホールディングス
     6月28日に債務超過解消による猶予期間の解除に関するお知らせのIRがでてました。
     2019年3月期において債務超過を解消したことにより、
     猶予期間入り銘柄から解除されたとのことで、
     これが評価され大きく買われているのでしょう。
     170円辺りも期待できるでしょう。

    ☆2164 (株)地域新聞社
     ここは買収されるのでは?との思惑から
     500円ほどだった株価が5000円をつけていました。
     4月1日に平成31年8月期第2四半期決算短信のIRが出てました。
     前年同期と比べ、売上高4.4%減、
     営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
     売られすぎからの反発からか730円ほどまで売られた後、
     4日連続で大きく買われ1620円を超えていました。
     しばらくは利確売りに押されていましたが、
     選挙への思惑や四季報で浮動株が減少していた事から買われていました。
     本日は第3四半期への期待から大きく買われているのでしょう。
     後場終了後に第3四半期の決算短信が出ており、
     通期上振れしていましたので、
     第3四半期の業績の評価次第ではさらなる高値も期待できるでしょう。

    7月1日 下降トップ3銘柄
    ★3823 (株)アクロディア
     4月15日に2019年8月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高15.4%増、
     営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
     4月17日にアクロディア、オンラインビンゴカジノシステムを開発完了
     システム提供を開始とプレスリリースがでてました。
     ビンゴ会場に行かなくともスマートホン、タブレットがあれば
     どこでもビンゴカジノゲームを楽しむことができる、
     オンラインビンゴカジノシステムを開発完了し、
     システム提供販売を開始いたしましたとのことです。
     4月19日にOleStars社との業務提携に関するお知らせのIRがでてました。
     OleStars OUが運営するエンターテインメントの活動を支援し、
     ファンがアーティストを応援する仕組みを提供する
     OleStarsプロジェクトのプラットフォーム構築及び運営について、
     OleStars OUとの業務提携をいたしましたとのことです。
     これ等が評価され3日連続で大きく買われ、
     180円ほどだった株価が380円を超えていました。
     4月26日に(開示事項の経過)子会社における
     「高田屋」事業の一部譲受けに関するお知らせのIRがでてました。
     事業譲受け日が決定したとのことで、
     しばらく利確売りに押されていた事もあり、
     これが評価され株価が500円を超えていました。
     前日、前々日に大きく買われていたこともあり、
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    ★4445 リビン・テクノロジーズ(株)
     6月28日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
     当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
     令和元年通期の業績予想は前年と比べ、売上高4.7%増、
     営業利益34.6%増、経常利益26.2%増、
     当期純利益13.7%増の予想でした。
     ここは6月28日に上場し、
     公開価格3900円の2.3倍となる9000円で初値をつけました。
     その後は利確売りに売られ、
     本日も大きく売られています。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    ★6166 (株)中村超硬
     6月28日に債務超過の猶予期間入りに関するお知らせのIRがでてました。
     2019年3月期において債務超過となったことから、
     上場廃止に係る猶予期間入り銘柄となったとのことです。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1984
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ