株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 6月12日 上昇トップ3銘柄 オートウェーブ(2666) バッファロー(3352) 日東製網(3524) | main | 6月14日 上昇トップ3銘柄 アズ企画設計(3490) バーチャレクス・ホールディングス(6193) シンクレイヤ(1724) >>
0
    6月13日 上昇トップ3銘柄 ジェイ・エスコム ホールディングス(3779) アズ企画設計(3490) HEROZ(4382)

    JUGEMテーマ:株・投資

    6月13日 上昇トップ3銘柄
    ☆3779 ジェイ・エスコム ホールディングス(株)
     6月7日に業務提携に関するお知らせのIRがでてました。
     中国法人江蘇掌門人网絡科技有限公司との間で、
     中国市場において、当社グループが取扱う
     良質な日本製化粧品を掌門人が有する
     インフルエンサーマーケティングの手法を活用し、
     両社の更なる発展と収益の拡大を目的とした
     業務提携を行うとのことです。
     これが評価され3日連続で大きく買われ、
     本日もストップ高まで買われています。
     300円以上も期待できるでしょう。

    ☆3490 (株)アズ企画設計
     4月11日に2019年2月期決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高16.9%減、
     営業利益26.8%減、経常利益29.7%減、
     当期純利益27.5%減となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高47.8%増、
     営業利益4.5%減、経常利益13.2%減、
     当期純利益26.9%減の予想でした。
     6月13日にOYO Hotels Japanとの業務提携に関するお知らせのIRが出てました。
     OYO Hotels Japan合同会と業務提携することに合意しましたとのことで、
     これが評価されストップ高まで買われています。
     1500円以上も期待できるでしょう。

    ☆4382 HEROZ(株)
     6月12日に2019年4月期 決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高19.2%増、
     営業利益18.7%増、経常利益22.6%増、
     当期純利益20.1%増となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高18.3%増、
     営業利益23.7%増、経常利益22.9%増、
     当期純利益18.0%増の予想でした。
     これが評価され大きく買われているのでしょう。
     20000円以上も期待できるでしょう。

    6月13日 下降トップ3銘柄
    ★2666 (株)オートウェーブ
     5月10日に2019年3月期 決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高6.4%増、
     営業利益5.4%減、経常利益66.4%減、
     当期純利益44.3%減となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高5.6%減、
     営業利益59.7%減、経常利益172.4%増、
     当期純利益117.1%増の予想でした。
     11日付の日本経済新聞が
     「政府は高齢ドライバー専用の新しい運転免許をつくる方針だ」と報道しており、
     危険を察知した際に自動的にブレーキをかけたり、
     アクセルとブレーキの踏み間違いを防止したりする
     安全機能がついた車種のみ運転できるようにするとのことで、
     前日に大きく買われていました。
     さらに11日に東京都の小池百合子知事が、
     アクセルとブレーキを踏み間違えた際に
     急発進を防ぐ装置の取り付け費用を
     9割程度補助する方針を表明したことにより、
     カー用品を扱うここも前日にストップ高まで買われていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    ★6838 (株)多摩川ホールディングス
     4月8日に当社子会社、多摩川電子による
     ミリ波製品の受託開発・製造開始のお知らせがでてました。
     50GHz帯までの準ミリ波・ミリ波用高周波製品
     (モジュール、コンポーネント等)を開発するため
     準備を進めてまいりましたが、
     この度、設備導入が完了し、
     ミリ波製品の受託開発・製造を開始することとなりましたとのことで、
     これが評価され840円ほどだった株価が1240円を超えていました。
     5月20日に平成31年3月期 決算短信のIRと、
     業績予想と実績値の差異に関するお知らせのIRがでてました。
     31年通期の業績は前年と比べ、売上高18.0%増、
     営業利益187.7%増、経常利益の赤字幅は拡大、
     当期純利益は黒字転換していました。
     令和2年の業績予想は平成31年と比べ、売上高48.4%増、
     営業利益242.2%増、経常利益は黒字転換、
     当期純利益148.7%増と良い予想でした。
     本日は経産省が再生可能エネルギーの固定価格買取制度を
     抜本的に見直すとの報道された事で売られているようです。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    ★7831 (株)ウイルコホールディングス
     6月12日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高は変わらず、
     営業利益は赤字転落、
     経常利益96.4%減、当期純利益65.0%減と下方修正していました。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1971
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ