株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 5月23日 上昇トップ3銘柄 さいか屋(8254) エコミック(3802) イメージ情報開発(3803) | main | 5月27日 上昇トップ3銘柄 ファンドクリエーショングループ(3266) サイジニア(6031) キタック(4707) >>
0
    5月24日 上昇トップ3銘柄 フジタコーポレーション(3370) やまねメディカル(2144) レオパレス21(8848)

    JUGEMテーマ:株・投資

    5月24日 上昇トップ3銘柄
    ☆3370 (株)フジタコーポレーション
     5月15日に2019年3月期 決算短信のIRと、
     業績予想との差異に関するお知らせのIR等がでてました。
     2019年通期の業績は前年同期と比べ、売上高5.7減、
     営業利益は赤字転落、
     経常利益の赤字幅は拡大、
     当期純利益は赤字転落していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高9.5%増、
     営業利益、、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
     時事通信が23日に、
     「米娯楽企業ハードロック・インターナショナルの
      ジェームズ・アレン会長は21日、
      同社が北海道苫小牧市で開業を目指す
      カジノを含む統合型リゾート(IR)に、
      50億ドル(約5500億円)超を投じる意向を明らかにした」と
     報じたことで、ストップ高まで買われています。
     1500円以上も期待できるでしょう。

    ☆2144 (株)やまねメディカル
     5月23日に2019年度 中期経営計画のIRがでてました。
     2023年度末における業績目標を売上200億円、
     営業利益60億円、経常利益50億円としており、
     これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
     500円以上も期待できるでしょう。

    ☆8848 (株)レオパレス21
     5月10日に2019年3月期 決算短信のIRと、
     代表取締役及び執行役員の異動に関するお知らせのIRがでてました。
     2019年通期の業績は売上高4.8%減、
     営業利益67.8%減、経常利益68.4%減、
     当期純利益は赤字転落していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高0.6%減、
     営業利益70.2%減、経常利益81.6%減、
     当期純利益は黒字転換予想でした。
     これが評価され右肩上がりに買われています。
     450〜500円辺りも期待できるでしょう。

    5月24日 下降トップ3銘柄
    ★9878 (株)セキド
     4月26日に2019年3月期決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は売上高10.4%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高6.4%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
     5月15日に新幹線教育グループとの
     合弁会社設立の検討開始に関するお知らせのIRがでてました。
     中国人の人材獲得強化のため、中国の企業であります
     「新幹線教育グループ」と本格的事業化に向け、
     合弁会社の設立の検討を開始することを決定いたしましたとのことで、
     これが評価され920円ほどだった株価が1990円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    ★3995 (株)SKIYAKI
     3月15日に2019年1月期 決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年同期と比べ、売上高64.2%増、
     営業利益5.2%減、経常利益20.6%減、
     当期純利益56.0%減となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高15.1〜27.3%増、
     営業利益0.4〜52.8%増、経常利益16.3〜91.9%増、
     当期純利益32.9〜172.2%増の予想でした。
     5月23日に2019年4月末日時点の会員数を更新しましたとIRニュースがでてました。
     そこで有料会員が減っていることから売られているようです。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    ★3803 イメージ情報開発(株)
     5月20日に2019年3月期 決算短信のIRと、
     特別損失の発生及び通期連結業績予想値と
     実績値の差異に関するお知らせのIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高13.9%減、
     営業利益、経常利益は赤字転落、
     当期純利益の赤字幅は拡大していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高10.3%増、
     営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
     当期純利益は黒字転換予想でした。
     これが評価され3日連続でストップ高まで買われ、
     630円ほどだった株価が1030円を超えていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1957
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ