株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 5月22日 上昇トップ3銘柄 オンキヨー(6628) さいか屋(8254) イメージ情報開発(3803) | main | 5月24日 上昇トップ3銘柄 フジタコーポレーション(3370) やまねメディカル(2144) レオパレス21(8848) >>
0
    5月23日 上昇トップ3銘柄 さいか屋(8254) エコミック(3802) イメージ情報開発(3803)

    JUGEMテーマ:株・投資

    5月23日 上昇トップ3銘柄
    ☆8254 (株)さいか屋
     5月21日に事業の現状、今後の展開等についてのIRと、
     2020年2月期計画のIRがでてました。
     事業の現状および今後の展開等について、
     株式会社東京証券取引所に対し、
     同社有価証券上場規程第601条第1項第4号a本文に定める
     書面を提出致しましたとのことです。
     本書面の提出により、
     2019年11月末日までのいずれかの月に於いて、
     月間平均時価総額および月末時価総額が10億円以上になった時は、
     上場廃止基準に該当しないこととなりますとのことです。
     これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
     500円辺りも期待できるでしょう。

    ☆3802 (株)エコミック
     5月13日に2019年3月期決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高10.9%増、
     営業利益41.6%増、経常利益40.5%増、
     当期純利益38.5%増となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高3.6%増、
     営業利益5.3%増、経常利益2.1%減、
     当期純利益2.3%減の予想でした。
     フジタコーポレーションが大きく買われていることで、
     同じように発行済株式数が少ないここに資金が回ってきたのでしょう。
     1000円辺りも期待できるでしょう。

    ☆3803 イメージ情報開発(株)
     5月20日に2019年3月期 決算短信のIRと、
     特別損失の発生及び通期連結業績予想値と
     実績値の差異に関するお知らせのIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高13.9%減、
     営業利益、経常利益は赤字転落、
     当期純利益の赤字幅は拡大していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高10.3%増、
     営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
     当期純利益は黒字転換予想でした。
     これが評価され3日連続でストップ高まで買われています。
     1000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

    5月23日 下降トップ3銘柄
    ★3010 価値開発(株)
     5月10日に2019年3月期決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高9.1%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高13.9%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
     倉元製作所が連日大きく買われていることから、
     来期予想が黒字転換予想で、
     同じ価格帯のここに資金が集まっているようで、
     120円以下だった株価が200円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    ★7725 (株)インターアクション
     4月12日に2019年5月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高32.0%増、
     営業利益77.8%増、経常利益71.3%増、
     四半期純利益62.4%増となっていました。
     前日に米、中国の監視カメラ大手への禁輸検討の記事が出ており、
     これによりに大きく売られているようです。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    ★3825 (株)リミックスポイント
     5月22日に第三者割当により発行される新株式及び
     新株予約権の募集に関するお知らせのIRと、
     有償ストック・オプション(新株予約権)の
     発行に関するお知らせのIRがでてました。
     第三者割当の方法により、リバイブ投資事業組合に対し、
     1株355円で140万8400株を割当てるとのことです。
     さらに28169個の新株予約権を割り当てるとのことです。
     これにより潜在株式数が281万6900株増加するとのことです。
     これによる希薄化懸念から大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1956
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ