株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 5月21日 上昇トップ3銘柄 価値開発(3010) ピーエイ(4766) 地域新聞社(2164) | main | 5月23日 上昇トップ3銘柄 さいか屋(8254) エコミック(3802) イメージ情報開発(3803) >>
0
    5月22日 上昇トップ3銘柄 オンキヨー(6628) さいか屋(8254) イメージ情報開発(3803)

    JUGEMテーマ:株・投資

    5月22日 上昇トップ3銘柄
    ☆6628 オンキヨー(株)
     5月21日に開示事項の経過)子会社の異動を伴う株式譲渡及び
     子会社の一部事業譲渡にかかる契約締結に関するお知らせのIRがでてました。
     Viper Holdings Corporationに、
     連結子会社であるオンキヨー&パイオニア株式会社及び
     その子会社であるONKYO ASIA ELECTORONICS SDN.BHD.、
     連結子会社であるオンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社の
     当社保有全株式を譲渡すること並びに
     当社連結子会社であるPioneer & Onkyo Marketing Asia Ltd.及び
     安橋(上海)商貿有限公司の事業の一部を譲渡することに関する
     契約締結を行うことを決議いたしましたとのことです。
     これが評価され大きく買われています。
     50〜60円辺りも期待できるでしょう。

    ☆8254 (株)さいか屋
     5月21日に事業の現状、今後の展開等についてのIRと、
     2020年2月期計画のIRがでてました。
     事業の現状および今後の展開等について、
     株式会社東京証券取引所に対し、
     同社有価証券上場規程第601条第1項第4号a本文に定める
     書面を提出致しましたとのことです。
     本書面の提出により、
     2019年11月末日までのいずれかの月に於いて、
     月間平均時価総額および月末時価総額が10億円以上になった時は、
     上場廃止基準に該当しないこととなりますとのことです。
     これが評価されストップ高まで買われています。
     400円以上も期待できるでしょう。

    ☆3803 イメージ情報開発(株)
     5月20日に2019年3月期 決算短信のIRと、
     特別損失の発生及び通期連結業績予想値と
     実績値の差異に関するお知らせのIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高13.9%減、
     営業利益、経常利益は赤字転落、
     当期純利益の赤字幅は拡大していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高10.3%増、
     営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
     当期純利益は黒字転換予想でした。
     これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
     1000円以上も期待できるでしょう。

    5月22日 下降トップ3銘柄
    ★9878 (株)セキド
     4月26日に2019年3月期決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は売上高10.4%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高6.4%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
     5月15日に新幹線教育グループとの
     合弁会社設立の検討開始に関するお知らせのIRがでてました。
     中国人の人材獲得強化のため、中国の企業であります
     「新幹線教育グループ」と本格的事業化に向け、
     合弁会社の設立の検討を開始することを決定いたしましたとのことで、
     これが評価され920円ほどだった株価が1990円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    ★5216 (株)倉元製作所
     3月22日に債務超過の猶予期間入りに関するお知らせのIRがでてました。
     有価証券上場規程第604条の2第1項第3号
     (関連規則は同601条第1項第5号)(債務超過)に該当するため、
     上場廃止に係る猶予期間入り銘柄となりましたとのことです。
     猶予期間は平成31年1月1日から平成31年12月31日とのことです。
     5月15日に令和元年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
     第1四半期の業績は売上高3億6900万円、
     営業利益-0円、経常利益-1800万円、
     四半期純利益3000万円となっていました。
     これが評価され4日連続で大きく買われ、
     70円ほどだった株価が230円を超えていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    ★3350 (株)レッド・プラネット・ジャパン
     5月15日に2019年12月期 第1四半期決算短信のIRと、
     営業外収益及び営業外費用に関するお知らせのIRがでてました。
     第1四半期の業績は為替差益1億2700万円を営業外収益に計上、
     支払利息45百万円を営業外費用に計上しことにより、
     前年同期と比べ、売上高72.6%増、
     営業利益の赤字幅は拡大、
     経常利益の赤字幅は縮小、
     四半期純利益99.3%減となっていました。
     倉元製作所が連日大きく買われていることから、
     前日に同じ価格帯のここに資金が集まっていたようで、
     大きく買われていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1955
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ