株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 2019年5月のお奨め優待、配当銘柄を更新しました。 | main | 5月22日 上昇トップ3銘柄 オンキヨー(6628) さいか屋(8254) イメージ情報開発(3803) >>
0
    5月21日 上昇トップ3銘柄 価値開発(3010) ピーエイ(4766) 地域新聞社(2164)

    JUGEMテーマ:株・投資

    5月21日 上昇トップ3銘柄
    ☆3010 価値開発(株)
     5月10日に2019年3月期決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高9.1%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高13.9%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
     倉元製作所が連日大きく買われていることから、
     来期予想が黒字転換予想で、
     同じ価格帯のここに資金が集まっているようで、
     ストップ高まで買われているのでしょう。
     ただ、材料が見当たらないことから、
     ここから手を出すなら注意が必要でしょう。

    ☆4766 (株)ピーエイ
     5月15日に令和元年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高3.3%増、
     営業利益は黒字転換、経常利益41.4%減、
     四半期純利益12.0%減となっていました。
     5月20日にジョイントベンチャー設立に関するお知らせのIRがでてました。
     ピーエイが51%、株式会社キレイコム及びその他4社による6社で共同出資し、
     日本企業に対するベトナム越境ECの支援事業を展開する
     ジョイントベンチャー「株式会社PAエンタープライズ」を
     令和元年(2019年)7月に設立し、
     令和元年(2019年)7月から事業を開始することで合意しましたとのことです。
     これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
     350円辺りも期待できるでしょう。

    ☆2164 (株)地域新聞社
     ここは買収されるのでは?との思惑から
     500円ほどだった株価が5000円をつけていました。
     4月1日に平成31年8月期第2四半期決算短信のIRが出てました。
     前年同期と比べ、売上高4.4%減、
     営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
     売られすぎからの反発からか730円ほどまで売られた後、
     3日連続でストップ高まで買われています。
     1500円以上も期待できるでしょう。

    5月21日 下降トップ3銘柄
    ★3696 (株)セレス
     5月15日に2019年12月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     第1四半期の業績は売上高40億6000万円、
     営業利益2億2000万円、経常利益1億8800万円、
     四半期純利益1億3800万円となっていました。
     5月17日に譲渡制限付株式としての新株式の発行の払込完了に関するお知らせのIRがでてました。
     1株2130円で12100株を発行するとのことです。
     本日は特に悪材料なく売られているようです。
     特に悪材料がないだけに、
     2000円辺りまでの反発も期待できるでしょう。

    ★4640 アンドール(株)
     5月20日に2019年3月期決算短信のIR等がでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高8.9%増、
     営業利益19.3%増、経常利益19.2%増、
     当期純利益4.5%増となっていました。
     2020年通期の業績予想は非連結となるため、
     個別業績予想がでていました。
     2019年と比べ、売上高4.2%増、
     営業利益68.6%減、経常利益69.2%減、
     当期純利益37.7%増の予想でした。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★6343 フリージア・マクロス(株)
     5月20日に平成31年3月期 決算短信のIRがでてました。
     平成31年通期の業績は前年と比べ、売上高4.8%減、
     営業利益6.6%増、経常利益10.8%減、
     当期純利益39.5%減となっていました。
     令和2年通期の業績予想は平成31年と比べ、売上高6.0%増、
     営業利益1.7%減、経常利益6.8%減、
     当期純利益15.3%減の予想でした。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1954
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ