株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 5月17日 上昇トップ3銘柄 倉元製作所(5216) グッドスピード(7676) シンクレイヤ(1724) | main | 2019年5月のお奨め優待、配当銘柄を更新しました。 >>
0
    5月20日 上昇トップ3銘柄 倉元製作所(5216) レアジョブ(6096) 環境管理センター(4657)

    JUGEMテーマ:株・投資

    5月20日 上昇トップ3銘柄
    ☆5216 (株)倉元製作所
     3月22日に債務超過の猶予期間入りに関するお知らせのIRがでてました。
     有価証券上場規程第604条の2第1項第3号
     (関連規則は同601条第1項第5号)(債務超過)に該当するため、
     上場廃止に係る猶予期間入り銘柄となりましたとのことです。
     猶予期間は平成31年1月1日から平成31年12月31日とのことです。
     5月15日に令和元年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
     第1四半期の業績は売上高3億6900万円、
     営業利益-0円、経常利益-1800万円、
     四半期純利益3000万円となっていました。
     これが評価され2日連続で大きく買われ、
     本日はストップ高まで買われています。
     150円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

    ☆6096 (株)レアジョブ
     5月15日に2019年3月期決算短信のIRと、
     2019年3月期通期連結業績予想と実績の差異に関するお知らせのIR、
     募集新株予約権(業績連動型新株予約権)の発行に関するお知らせのIR等がでてました。
     通期の業績は実績値と予想値に差異があり、
     実績値は予想値と比べ、売上高1.1%増、
     営業利益18.8%増、経常利益41.2%増、
     当期純利益55.8%増と良いものでした。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高20.9%増、
     営業利益68.4%増、経常利益47.6%増、
     当期純利益4.3%増の予想でした。。
     業績連動型新株予約権の発行するとのことで、
     これは2021年3月期の各連結会計年度における、
     監査済みの損益計算書に記載される利益の額の総額が
     5.5億円を超過した場合に限り、
     新株予約権者に割り当てられた新株予約権を行使することができるとのことです。
     これ等が評価され2日連続で大きく買われ、
     本日はストップ高まで買合われています。
     4500円辺りも期待できるでしょう。

    ☆4657 (株)環境管理センター
     4月16日に持分法適用会社設立に関するお知らせのIRがでてました。
     中国浙江省に嘉興市九分鐘生物科技有限公司と合弁にて、
     悪臭対策に特化したコンサルティング会社をこのほど設立しましたとのことで、
     これが評価され310円ほどだった株価が540円を超えていました。
     4月26日に平成31年6月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
     第3四半期の業績は売上高31億6200万円、
     営業利益2億5500万円、経常利益2億4900万円、
     四半期純利益1億7600万円となっていました。
     これが評価され4日連続でストップ高まで買われ、
     550円ほどだった株価1320円を超えていました。
     しばらくは利確売りに押されていましたが、
     売られすぎから反発し買われているのでしょう。
     1000円以上も期待できるでしょう。

    5月20日 下降トップ3銘柄
    ★5363 (株)TYK
     5月17日に平成31年3月期 決算短信のIRと、
     剰余金の配当に関するお知らせのIRがでてました。
     平成31年3月期の業績は売上高19.9%増、
     営業利益30.8%増、経常利益24.8%増、
     当期純利益15.0%増となっていました。
     令和2年通期の業績予想は平成31年と比べ、売上高7.5%減、
     営業利益30.3%減、経常利益30.3%減、
     当期純利益33.2%減の予想でした。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★4875 メディシノバ
     4月24日に米国におけるMN-166の
     グリオブラストーマ(神経膠芽腫)を適応とする
     特許承認のお知らせのIRがでてました。
     2019年4月24日メディシノバ(MediciNova, Inc.)に、
     MN-166(イブジラスト)のグリオブラストーマ(神経膠芽腫)を適応として
     出願中の特許に対し、米国特許商標庁から承認の通知がありましたとのことで、
     これが評価され株価が右肩上がりに買われていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    ★3851 (株)日本一ソフトウェア
     3月30日に入場制限付きでサービスを再開した
     『魔界戦記ディスガイアRPG』が、
     31日からふたたび緊急メンテナンスに入ったことが原因で、
     大きく売られていました。
     5月17日に第三者割当による
     行使価格修正条項付第6回新株予約権の
     発行に関するお知らせのIRがでてました。
     大和証券株式会社を割当先として、
     3750個の新株予約権を発行するとのことです。
     行使価格1532円とのことです。
     これにより潜在株式数が37万5000株増加するとのことで、
     これによる希薄化懸念から売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1952
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ