株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 5月8日 上昇トップ3銘柄 原弘産(8894) NEW ART HOLDINGS(7638) いであ(9768) | main | 5月10日 上昇トップ3銘柄 ニホンフラッシュ(7820) ディー・エル・イー(3686) リード(6982) >>
0
    5月9日 上昇トップ3銘柄 タツミ(7268) 電算システム(3630) 環境管理センター(4657)

    JUGEMテーマ:株・投資

    5月9日 上昇トップ3銘柄
    ☆7268 (株)タツミ
     5月7日に2019年3月期決算短信のIRと、
     2019年3月期業績予想値と実績値との差異に関するお知らせのIRがでてました。
     2019年通期の業績は実績値と予想値に差異があり、
     実績値は予想値と比べ、売上高5.8%減、
     営業利益92.7%減、経常利益99.6%減、
     当期純利益86.6%減となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高9.4%減、
     営業利益285.4%増、経常利益大幅増、
     当期純利益113.1%増と良い予想でした。
     これが原因で前日に大きく売られていた事もあり、
     売られすぎの反動から買われているのでしょう。
     450円辺りも期待できるでしょう。

    ☆3630 (株)電算システム
     5月8日に2019年12月期 第1四半期決算短信のIRが出てました。
     前年同期と比べ、売上高11.2%増、
     営業利益97.6%増、経常利益97.8%増、
     四半期純利益99.6%増となっていました。
     これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
     4000円以上も期待できるでしょう。

    ☆4657 (株)環境管理センター
     4月16日に持分法適用会社設立に関するお知らせのIRがでてました。
     中国浙江省に嘉興市九分鐘生物科技有限公司と合弁にて、
     悪臭対策に特化したコンサルティング会社をこのほど設立しましたとのことで、
     これが評価され310円ほどだった株価が540円を超えていました。
     4月26日に平成31年6月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
     第3四半期の業績は売上高31億6200万円、
     営業利益2億5500万円、経常利益2億4900万円、
     四半期純利益1億7600万円となっていました。
     これが評価され3日連続でストップ高まで買われています。
     1000円辺りも期待できるでしょう。

    5月9日 下降トップ3銘柄
    ★6346 キクカワエンタープライズ(株)
     5月9日の1時に2019年3月期決算短信のIRがでてました。
     2019年3月期の業績は前年と比べ、売上高85.8%増、
     営業利益375.1%増、経常利益345.4%増、
     当期純利益252.8%増と良いものでした。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高26.1%減、
     営業利益62.0%減、経常利益60.5%減、
     当期純利益60.0%減の予想でした。
     これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★5481 山陽特殊製鋼(株)
     5月8日に2019年3月期 決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高18.0%増、
     営業利益7.7%減、経常利益11.5%減、
     当期純利益9.8%増となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高69.5%増、
     営業利益8.7%増、経常利益6.0%増、
     当期純利益9.3%減の予想でした。
     来期の配当予想は中間配当、期末配当共に減配予想でした。
     これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★2453 ジャパンベストレスキューシステム(株)
     5月8日に法人税等調整額(益)の計上等及び
     業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     第2四半期の業績予想と、通期の業績予想を修正しており、
     第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高1.4%減、
     営業利益5.4%減、経常利益3.3%増、
     四半期純利益68.7%増となっていました。
     通期の業績予想は前回予想と比べ、
     売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
     当期純利益27.0%増となっていました。
     第2四半期の業績で売上高、営業利益が下がっていることで、
     大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1945
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ