株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 2019年4月のお奨め優待、配当銘柄を更新しました。 | main | 4月15日 上昇トップ3銘柄 幸和製作所(7807) ロゼッタ(6182) ギガプライズ(3830) >>
0
    4月12日 上昇トップ3銘柄 UMNファーマ(4585) No.1(3562) スペースバリューホールディングス(1448)

    JUGEMテーマ:株・投資

    4月12日 上昇トップ3銘柄
    ☆4585 (株)UMNファーマ
     2月14日に平成30年12月期決算短信のIRがでてました。
     30年2月期の業績は前年と比べ、売上高0.4%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
     31年通期の業績予想は30年通期と比べ、売上高3.5%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
     13日から欧州臨床微生物感染症学会での開発品発表で
     塩野義製薬が何か発表するのでは?との思惑から買われているようです。
     450〜500円辺りも期待できるでしょう。

    ☆3562 (株)No.1
     4月12日の11時30分に2019年2月期 決算短信のIRと、
     自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIR等がでてました。
     2019年2月期の業績は前年と比べ、売上高5.8%増、
     営業利益18.8%増、経常利益20.7%増、
     当期純利益20.0%増となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高6.9%増、
     営業利益5.9%増、経常利益9.3%増、
     当期純利益6.9%増の予想でした。
     さらに9万5000株を8200万(上限)で自己株式の取得を行うとのことで、
     これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
     900円以上も期待できるでしょう。

    ☆1448 (株)スペースバリューホールディングス
     4月11日に第三者委員会の調査報告書の受領に関するお知らせのIRがでてました。
     第三者委員会の調査報告書の受領し、
     4月15日に2019 年3月期第3四半期決算短信の公表を行うとのことで、
     これが評価されストップ高まで買われています。
     650〜700円辺りも期待できるでしょう。

    4月12日 下降トップ3銘柄
    ★4588 オンコリスバイオファーマ(株)
     2月8日に平成30年12月期 決算短信のIR等がでてました。
     30年12月期の業績は前年と比べ、売上高26.4%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
     バイオ関連が賑わっていることもあり、
     テロメライシンへの期待から買われ、
     1700円ほどだった株価が4400円を超えていました。
     4月8日に「先駆け審査指定制度」の対象品目に
     がんのウイルス療法テロメライシン(OBP-301)が指定のIRと、
     がんのウイルス療法「テロメライシン(OBP-301)」に関する
     独占的ライセンス契約および資本提携契約の締結についてのIR等がでてました。
     食道がんを対象として国内で開発を進めている
     がんのウイルス療法テロメライシン(OBP-301)が、
     厚生労働省の定める「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定されましたとのことです。
     中外製薬株式会社と、オンコリスが開発中の
     がんに対するウイルス療法である「テロメライシン(OBP-301)」について、
     日本・台湾における開発・製造・販売に関する
     再許諾権付き独占的ライセンスを中外製薬に付与すると共に、
     日本・台湾・中国・香港・マカオを除く全世界における
     開発・製造・販売に関する独占的オプション権を
     中外製薬へ付与するライセンス契約を締結しましたとのことです。
     これ等が評価され1800円ほどだった株価が3760円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    ★6578 (株)エヌリンクス
     4月11日に2019年2月期決算短信のIRがでてました。
     2019年通期の業績は前年と比べ、売上高20.2%増、
     営業利益21.1%増、経常利益18.2%増、
     当期純利益3.0%増となっていました。
     2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高9.9%増、
     営業利益25.9%減、経常利益22.6%減、
     当期純利益15.3%減の予想でした。
     これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★3710 ジョルダン(株)
     2月14日に平成31年9月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高0.9%減、
     営業利益81.8%減、経常利益87.4%減、
     四半期純利益は赤字転落していました。
     3月26日に2019年5月より、新モバイルチケットの提供を開始とプレスリリースが出てました。
     全国の自治体や観光施設、交通事業者を対象に、
     2019年5月より、新モバイルチケットの提供を開始するとのことで、
     これが評価され1000円ほどだった株価が2000円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1932
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ