株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 4月5日 上昇トップ3銘柄 KeyHolder(4712) ヒト・コミュニケーションズ・ホールディング(4433) リバーエレテック(6666) | main | 4月9日 上昇トップ3銘柄 サイジニア(6031) 高見沢サイバネティックス(6424) オンコリスバイオファーマ(4588) >>
0
    4月8日 上昇トップ3銘柄 ヤガミ(7488) ASJ(2351) セーラー万年筆(7992)

    JUGEMテーマ:株・投資

    4月8日 上昇トップ3銘柄
    ☆7488 (株)ヤガミ
     2月22日に平成31年4月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高4.0%減、
     営業利益19.9%減、経常利益18.9%減、
     四半期純利益16.0%減となっていました。
     ここは普段の出来高が少ない銘柄で、
     本日は誰かが無理に買ったのでしょう。
     出来高が少ないだけに、
     利確売りには注意が必要でしょう。

    ☆2351 (株)ASJ
     2月8日に2019年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高3.9%減、
     営業利益、税引前利益は赤字転落、
     四半期利益の赤字幅は拡大していました。
     3月前半から買われ、1500円ほどだった株価が3100円を超えていました。
     しばらくは利確売りに押されていましたが、
     再度上に動き出したのでしょう。
     2500円以上も期待できるでしょう。

    ☆7992 セーラー万年筆(株)
     2月14日に平成30年12月期決算短信のIRがでてました。
     30年12月期の業績は前年と比べ、売上高5.2%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
     31年12月期の業績は30年通期とと比べ、売上高8.7%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
     高級万年筆がブームとなり国内外で需要が高水準の伸びとのことで、
     これが評価され大きく買われているようです。
     250円以上も期待できるでしょう。

    4月8日 下降トップ3銘柄
    ★4381 ビープラッツ(株)
     4月5日に通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高22.1%減、
     営業利益96.0%減、経常利益97.3%減、
     当期純利益95.2%減と下方修正していました。
     これが原因でストップ安まで売られています。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★1449 (株)FUJIジャパン
     2月13日に平成30年12月期 決算短信のIRがでてました。
     30年12月期の業績は前年と比べ、売上高7.0%増、
     営業利益36.3%増、経常利益13.0%増、
     当期純利益60.0%増となっていました。
     31年通期の業績予想は30年通期と比べ、売上高17.2%増、
     営業利益30.7%増、経常利益50.0%増、
     当期純利益6.7%増の予想でした。
     ここは発行済み株式数71万株と少なく、
     値動きか軽い事から買われ、
     1000円以下だった株価2600円を付けていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    ★4596 窪田製薬ホールディングス(株)
     2月13日に2018年12月期 決算短信のIRがでてました。
     2018年12月期の業績は前年同期と比べ、事業収益は変わらず、
     営業利益、税引前利益、当期利益の赤字幅は縮小していました。
     2019年通期の業績予想は2018年と比べ、事業収益は変わらず、
     営業利益、税引前利益、当期利益の赤字幅はほぼ横ばい予想でした。
     18/12期は低分子化合物に加えて、
     パイプライン(開発品群)の価値最大化を図ると記事が出た事により、
     ストップ高まで買われていました。
     3月18日にNASAのディープスペースミッションに向け、
     小型OCT(光干渉断層計)の開発受託契約を締結のIRがでてました。
     CEOの窪田良氏がアメリカ航空宇宙局
     National Aeronautics and Space Administrationより
     有人火星探査を含むディープスペースミッションの
     Principal Investigator(研究代表者)に任命され、
     100%子会社のアキュセラ・インクが、
     Translational Research Institute for Space Health(TRISH)と
     小型OCT開発受託契約を締結したとのことで、
     これが評価され600円ほどだった株価が1220円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。
     ただ、明日から増担保解除されるようですので、
     多少の反発も期待できるでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1927
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ