株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 4月1日 上昇トップ3銘柄 サノヤスホールディングス(7022) 安永(7271) ピーエイ(4766) | main | 4月3日 上昇トップ3銘柄 ピーエイ(4766) FUJIジャパン(1449) Amazia(4424) >>
0
    4月2日 上昇トップ3銘柄 FUJIジャパン(1449) リミックスポイント(3825) レイ(4317)

    JUGEMテーマ:株・投資

    4月2日 上昇トップ3銘柄
    ☆1449 (株)FUJIジャパン
     2月13日に平成30年12月期 決算短信のIRがでてました。
     30年12月期の業績は前年と比べ、売上高7.0%増、
     営業利益36.3%増、経常利益13.0%増、
     当期純利益60.0%増となっていました。
     31年通期の業績予想は30年通期と比べ、売上高17.2%増、
     営業利益30.7%増、経常利益50.0%増、
     当期純利益6.7%増の予想でした。
     ここは発行済み株式数71万株と少なく、
     値動きか軽い事からストップ高まで買われているのでしょう。
     1500円辺りも期待できるでしょう。

    ☆3825 (株)リミックスポイント
     2月14日に2019年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高19.9%増、
     営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
     本日はビットコインの急騰から買われているようです。
     400〜450円辺りも期待できるでしょう。

    ☆4317 (株)レイ
     4月1日に業績予想及び期末配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高8.2%減、
     営業利益44.6%増、経常利益47.1%増、
     当期純利益56.3%増と上方修正していました。
     さらに6円だった通期の配当予想を2円増配し8円になっていました。
     これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
     450〜500円辺りも期待できるでしょう。

    4月2日 下降トップ3銘柄
    ★4563 アンジェス(株)
     3月26日に「継続企業の前提に関する注記」の記載解消に関するお知らせのIRと、
     HGF遺伝子治療用製品の国内条件付承認を取得
     国内初の遺伝子治療用製品、重症虚血肢を対象のIRがでてました。
     HGF遺伝子治療用製品につき、
     厚生労働省より条件及び期限付製造販売承認を取得しましたとのことです。
     さらに「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消したとのことで、
     これらが評価され3月27日に大きく買われていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    ★4588 オンコリスバイオファーマ(株)
     2月8日に平成30年12月期 決算短信のIR等がでてました。
     30年12月期の業績は前年と比べ、売上高26.4%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
     バイオ関連が賑わっていることもあり、
     テロメライシンへの期待から買われ、
     1700円ほどだった株価が4400円を超えていました。
     4月1日に米国癌学会議(AACR 2019)にて、
     テロメライシンと抗PD-1抗体ペムブロリズマブ併用の
     医師主導治験の中間成績が発表されました。とニュースがでてました。
     推奨用量を決定する Phase Ia パートの臨床試験を行っており、
     用量制限毒性(DLT)は認められず、
     推奨容量が判断されたとのことです。
     副次的に評価を行った有効性については、
     9例中3例でPR(Partial Response:部分奏効)が確認、
     主な副作用(有害事象)は、
     発熱、肝障害、胸水、好中球減少、疼痛などでしたが、
     用量制限毒性(DLT)は報告されませんでしたとのことです。
     このテロメライシンの治験の中間成績が原因で2日連続で大きく売られています。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★4766 (株)ピーエイ
     2月15日に平成30年12月期 決算短信のIRがでてました。
     平成30年12月期の業績は前年と比べ、売上高4.0%増、
     営業利益の赤字幅は縮小、経常利益8.5%減、
     当期純利益の赤字幅は拡大していました。
     平成31年通期の業績予想は30年と比べ、売上高5.8%増、
     営業利益は黒字転換、経常利益18.3%増、
     当期純利益は黒字転換予想でした。
     4月からの「改正出入国管理法」施行に伴う外国人就労拡大で、
     早い段階からベトナムでの展開を強化している同社に
     恩恵が大きいとの思惑から引き続き買われていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1923
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ