株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 2月27日 上昇トップ3銘柄 ガーラ(4777) メディアフラッグ(6067) ラクオリア創薬(4579) | main | 3月1日 上昇トップ3銘柄 ミサワホーム中国(1728) INEST(3390) ゴルフ・ドゥ(3032) >>
0
    2月28日 上昇トップ3銘柄 TRUCK-ONE(3047) 東洋合成工業(4970) プロパティデータバンク(4389)

    JUGEMテーマ:株・投資

    2月28日 上昇トップ3銘柄
    ☆3047 (株)TRUCK-ONE
     2月14日に平成30年12月期 決算短信のIRがでてました。
     平成30年12月期の業績は前年と比べ、売上高3.6%減、
     営業利益22.9%減、経常利益10.9%減、
     当期純利益3.8%増となっていました。
     平成31年通期の業績予想は平成30年と比べ、売上高1.4%増、
     営業利益22.8%増、経常利益22.9%減、
     当期純利益16.4%減となっていました。
     本日は特に材料なく買われているようです。
     ただここは普段の出来高が少ない銘柄ですので、
     手を出すなら注意が必要でしょう。

    ☆4970 東洋合成工業(株)
     2月8日に平成31年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高12.7%増、
     営業利益35.4%増、経常利益40.5%増、
     四半期純利益18.5%増となっていました。
     いちよし経済研究所では、EUV光源の普及で主力のPAGの需要が大きく拡大すると注目。
     レーティング「A」、フェアバリュー2100円として、カバレッジを開始したとのことで、
     これが評価されストップ高まで買われているようです。
     1500〜1800円辺りも期待できるでしょう。

    ☆4389 プロパティデータバンク(株)
     2月27日に2019年3月期通期業績予想及び
     配当予想の修正に関するお知らせのIRと、
     株式分割及び定款の一部変更に関するお知らせのIRがでてました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高6.5%増、
     営業利益20.4%増、経常利益16.6%増、
     当期純利益20.1%増と上方修正していました。
     配当予想も修正しており、
     20円だった配当を5円増配し、25円の予想になっていました。
     さらに3月31日を基準日とし、3分割するとのことです。
     これ等が評価されストップ高まで買われています。
     3000円以上も期待できるでしょう。

    2月28日 下降トップ3銘柄
    ★5698 (株)エンビプロ・ホールディングス
     2月13日に2019年6月期第2四半期決算短信のIRと、
     業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIR、
     自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIRがでてました。
     第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高8.4%減、
     営業利益31.9%減、経常利益31.4%減、
     四半期純利益47.2%減となっていました。
     さらに通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高6.4%減、
     営業利益33.1%減、経常利益29.9%減、
     当期純利益41.5%減となっていました。
     配当予想を修正しており、
     17円だった配当予想が5円減配し、12円となっていました。
     さらに自己株式取得を発表しており、
     100万株を上限とし、5億円(上限)で取得するとのことです。
     2月22日に特許取得のお知らせのお知らせがでてました。
     グループの株式会社エコネコルが
     「焼却灰からの貴金属回収方法及び装置」の特許を取得したとのことで、
     これが評価され3日連続でストップ高まで買われていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    ★4596 窪田製薬ホールディングス(株)
     2月13日に2018年12月期 決算短信のIRがでてました。
     2018年12月期の業績は前年同期と比べ、事業収益は変わらず、
     営業利益、税引前利益、当期利益の赤字幅は縮小していました。
     2019年通期の業績予想は2018年と比べ、事業収益は変わらず、
     営業利益、税引前利益、当期利益の赤字幅はほぼ横ばい予想でした。
     18/12期は低分子化合物に加えて、
     パイプライン(開発品群)の価値最大化を図ると記事が出た事により、
     ストップ高まで買われていました。
     2月28日の10時に行使価格修正条項付き
     第21回新株予約権(第三者割当て)の大量行使に関するお知らせのIRがでてました。
     2月1日から2月27日に4450個、44万5000株分の新株予約権が行使されたとのことです。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。

    ★4563 アンジェス(株)
     2月21日に国内初の遺伝子治療用製品として
     HGF遺伝子治療薬の国内承認についてのIRがでてました。
     重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療薬の開発を進めてまいりましたが、
     2019年2月20日、厚生労働省薬事・
     食品衛生審議会 再生医療等製品・生物由来技術部会にて審議され、
     条件及び期限付製造販売承認が了承されました。
     今後、正式に承認を得られれば国内初の遺伝子治療用製品となりますとのことで、
     これが評価され4日連続で大きく買われていました。
     2月26日に第33回新株予約権(第三者割当て)
     (行使価額修正条項付)の大量行使に関するお知らせのIRがでてました。
     2月26日に2万個、200万株分の新株予約権が行使されたとのことです。
     これが原因で2日連続で大きく売られています。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1900
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ