株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 2月25日 上昇トップ3銘柄 ITbookホールディングス(1447) 篠崎屋(2926) オンコリスバイオファーマ(4588) | main | 2月27日 上昇トップ3銘柄 ガーラ(4777) メディアフラッグ(6067) ラクオリア創薬(4579) >>
0
    2月26日 上昇トップ3銘柄 窪田製薬ホールディングス(4596) 鉄人化計画(2404) リアルワールド(3691)

    JUGEMテーマ:株・投資

    2月26日 上昇トップ3銘柄
    ☆4596 窪田製薬ホールディングス(株)
     2月13日に2018年12月期 決算短信のIRがでてました。
     2018年12月期の業績は前年同期と比べ、事業収益は変わらず、
     営業利益、税引前利益、当期利益の赤字幅は縮小していました。
     2019年通期の業績予想は2018年と比べ、事業収益は変わらず、
     営業利益、税引前利益、当期利益の赤字幅はほぼ横ばい予想でした。
     18/12期は低分子化合物に加えて、
     パイプライン(開発品群)の価値最大化を図ると記事が出た事により、
     ストップ高まで買われているようです。
     400円以上も期待できるでしょう。

    ☆2404 (株)鉄人化計画
     2月25日に株式会社エボラブルアジアとの業務資本提携のお知らせのIRがでてました。
     株式会社エボラブルアジアとの業務資本提携に合意したとのことで、
     これが評価されストップ高まで買われています。
     450円辺りも期待できるでしょう。

    ☆3691 (株)リアルワールド
     2月14日に平成31年9月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高0.7%増、
     営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
     2月25日に1,500名のクリエイター・カメラマンを持つvivito社と資本業務提携
     「カチコ」動画供給事業の成長加速・リアルペイ経済圏拡大へとプレスリリースがでてました。
     グループ会社である株式会社カチコが、
     動画の受託制作や動画ツールサービスの提供を行っている
     株式会社vivitoと2019年2月22日付けで資本業務提携したとのことです。
     これが評価されストップ高まで買われています。
     900〜1000円辺りも期待できるでしょう。

    2月26日 下降トップ3銘柄
    ★4582 シンバイオ製薬(株)
     2月7日に2018年12月期決算短信のIRがでてました。
     2018年12月期の業績は前年と比べ、売上高11.4%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小していました。
     2019年通期の業績予想は2018年と比べ、売上高16.4%増、
     営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
     ノバルティスの白血病治療薬「キムリア」の承認などを材料に、
     大きく買われていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    ★3824 メディアファイブ(株)
     10月12日にジュピタープロジェクト株式会社が大量保有報告書を提出しており、
     これが評価され1000円ほどだった株価が7100円を超えていました。
     その後しばらくは利確売りに押されていました。
     10月30日にジュピタープロジェクト株式会社による
     プレスリリースについてのIRがでてました。
     ジュピタープロジェクト株式会社より
     株式を大量保有したことや提案について発表されたとのことです。
     これがきっかけとなり再度買われていました。
     1月18日にジュピタープロジェクト株式会社からの提案についてのIRがでてました。
     ジュピタープロジェクトより発表された提案については、
     協業を行わないというと言うことで、
     これが原因で2日連続でストップ安まで売られ、
     2日連続で大きく売られていました。
     本日はジュピタープロジェクトが、
     メディアファイブ株式会社の株式売却に関するお知らせを出しており、
     ジュピタープロジェクトがメディアファイブ株を売ったようです。
     これが原因で大きく売られていました。
     2月15日にスイス料理ハウゼの店舗閉鎖に関するお知らせのIRがでてました。
     業績回復の見込みが期待できないと判断し、店舗の閉鎖を決定したとのことで、
     これにより赤字が縮小するとの見方から4日連続で大きく買われ、
     1000円ほどだった株価が2500円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    ★3498 霞ヶ関キャピタル(株)
     1月11日に2019年8月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     第1四半期の業績は売上高1億6700万円、
     営業利益-1億8000万円、経常利益-1億8600万円、
     四半期純利益-1億3000万円となっていました。
     2月22日に資金の借入に関するお知らせのIRがでてました。
     株式会社三井住友銀行から2億1000万円を借入たとのことです。
     これが評価され、大きく買われていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1898
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ