株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
<< 10日10日 上昇トップ3銘柄 アルデプロ(8925) 極東産機(6233) 多木化学(4025) | main | 10日12日 上昇トップ3銘柄 INEST(3390) コシダカホールディングス(2157) テリロジー(3356) >>
0
    10日11日 上昇トップ3銘柄 愛光電気(9909) フィスコ(3807) スタジオアタオ(3550)

    JUGEMテーマ:株・投資

    10日11日 上昇トップ3銘柄
    ☆9909 愛光電気(株)
     7月26日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高5.2%減、
     営業利益7.8%増、経常利益13.6%減、
     四半期純利益5.6%増となっていました。
     ここは7月から出来高が増え買われだし、
     2000円後半だった株価が4600円を超えていました。
     10月10日にコーポレート・ガバナンスに関する報告書にて、
     大株主の名前にT氏の名前があったことから、
     ストップ高まで買われているようです。
     T氏が手掛けているなら5000〜10000円辺りも期待できるでしょう。

    ☆3807 (株)フィスコ
     10月10日に持分法適用関連会社における事業の譲受けに関するお知らせのIRがでてました。
     持分法適用関連会社である株式会社フィスコ仮想通貨取引所は、
     平成30年10月10日開催の取締役会において、
     仮想通貨交換所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社と、
     仮想通貨交換所「Zaif」事業を譲り受けることに関し、
     事業譲渡契約を締結することを決議いたしましたとのことで、
     これが評価され大きく買われているのでしょう。
     400円辺りも期待できるでしょう。

    ☆3550 (株)スタジオアタオ
     10月10日に平成31年2月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高26.0%増、
     営業利益39.8%増、経常利益40.3%増、
     四半期純利益40.9%増となっていました。
     これが評価され大きく買われているのでしょう。
     2700〜3000円辺りも期待できるでしょう。

    10月11日 下降トップ3銘柄
    ★2722 (株)アイケイ
     10月10日に業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
     2019年5月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高13.0%増、
     営業利益70.4%減、経常利益68.6%減、
     四半期純利益74.4%減となっていました。
     さらに第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
     第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高4.6%減、
     営業利益49.0%減、経常利益48.0%減、
     四半期純利益49.0%減と下方修正していました。
     通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高2.3%減、
     営業利益21.1%減、経常利益20.7%減、
     当期純利益20.3%減と下方修正していました。
     これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★9820 エムティジェネックス(株)
     8月10日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高13.6%増、
     営業利益29.4%増、経常利益27.8%増、
     四半期純利益30.7%増となっていました。
     ここはT氏のポジション銘柄として買われ、
     2000円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
     45000円を超えていました。
     前日からT氏のポジション銘柄が売られており、
     (T氏が売ったわけではないもようです)
     前日、本日とストップ安まで売られています。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★3189 (株)ANAP
     10月10日に平成30年8月期 決算短信のIRと、
     自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIR等がでてました。
     30年8月期の業績は売上高66憶2700万円、
     営業利益3億4900万円、経常利益3億4000万円、
     当期純利益2億5500万円となっていました。
     来期予想は今期と比べ、売上高7.2%増、
     営業利益2.0%増、経常利益6.2%減、
     当期純利益3.8%増の予想でした。
     さらに25万株(3億円上限)で自己株式を取得するとのことです。
     来期の経常利益がマイナス予想なことや、
     決算に向け株価が上がっていた事、
     地合いの悪さ、材料出尽くし感から売られているようです。
     地合いが良くなれば多少の反発も期待できるでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1803
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ