株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
<< 2月13日 上昇トップ3銘柄 アライドテレシスホールディングス(6835) ファーマフーズ(2929) ヨータイ(5357) | main | 2月15日 上昇トップ3銘柄 システム ディ(3804) マルマン(7834) キトー(6409) >>
0
    2月14日 上昇トップ3銘柄 日本パワーファスニング(5950) 日本モーゲージサービス(7192) ハーバー研究所(4925)

    JUGEMテーマ:株・投資

    2月14日 上昇トップ3銘柄
    ☆5950 日本パワーファスニング(株)
     2月13日に平成29年12月期 決算短信のIRと、
     中期経営計画の策定に関するお知らせのIR等がでてました。
     29年12月期の業績は前年と比べ、売上高3.7%減、
     営業利益28.7%減、経常利益273.5%増、
     当期純利益は大幅増となっていました。
     来期予想は今期と比べ、売上高5.1%増、
     営業利益149.0%増、経常利益81.3%増、
     当期純利益19.3%増と良い予想でした。
     さらに中期経営計画で2020年度の目標を売上高100億円、
     営業利益率10%としていました。
     これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
     300円辺りも期待できるでしょう。

    ☆7192 日本モーゲージサービス(株)
     2月13日に平成30年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
     業績予想の修正に関するお知らせのIR、
     株主優待制度の導入に関するお知らせのIR、
     配当予想の修正(東証第二部上場記念配当等)に関するお知らせのIR、
     株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更に関するお知らせのIR等がでてました。
     第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高4.6%増、
     営業利益0.1%増、経常利益4.2%増、
     四半期純利益5.4%増となっていました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高3.3%増、
     営業利益13.8%増、経常利益13.8%増、
     当期純利益16.7%増と上方修正していました。
     さらに3月8日を基準日とし、3分割するとのことです。
     株主優待制度を導入し、配当も3分割後8円へ増配するとのことです。
     これ等が評価されストップ高まで買われています。
     3000円以上も期待できるでしょう。

    ☆4925 (株)ハーバー研究所
     2月13日に平成30年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高12.7%増、
     営業利益45.8%増、経常利益47.8%増、
     四半期純利益51.7%増となっていました。
     これが評価されストップ高まで買われています。
     7000円辺りも期待できるでしょう。

    2月14日 下降トップ3銘柄
    ★2122 (株)インタースペース
     2月13日に平成30年9月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高4.7%増、
     営業利益3.7%増、経常利益0.6%減、
     四半期純利益24.0%減となっていました。
     これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

    ★2150 (株)ケアネット
     2月13日に平成29年12月期 決算短信のIRと、
     業績予想と実績との差異に関するお知らせのIRがでてました。
     29年12月期の業績は前年と比べ、売上高30.0%増、
     営業利益110.1%増、経常利益106.2%増、
     当期純利益192.9%増となっていました。
     来期予想は今期と比べ、売上高5.1%増、
     営業利益10.3%増、経常利益8.5%増、
     当期純利益36.4%減の予想でした。
     これが原因で大きく売られているのでしょう。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    ★4579 ラクオリア創薬(株)
     2月9日に平成29年12月期 決算短信のIRと、
     平成29年12月期通期個別業績予想と
     実績値の差異に関するお知らせのIRがでてました。
     29年12月期の業績は売上高14億1900万円、
     営業利益-1億5000万円、経常利益-8000万円、
     当期純利益-5800万円となっていました。
     来期予想は今期と比べ、売上高2.2%減、
     営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
     これが原因で2日連続でストップ安まで売られています。
     13日の後場終了後にグレリン受容体作動薬(セリン誘導体)の
     欧州における特許査定のお知らせのIRと、
     選択的ナトリウムチャネル遮断薬(ピラゾロピリジン誘導体)の
     米国における特許査定のお知らせのIRがでていましたが、
     そこまで評価されなかったのでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tousijouhou.tiphere.com/trackback/1632
    CATEGORIES
    CALENDAR
    SMTWTFS
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ