株式投資に関する情報を、株式投資する人々で共有していこうと言う趣旨の元、作成したブログです。
皆様よろしくお願い致します。
0
    10日22日 上昇トップ3銘柄 アイ・ピー・エス(4335) パルマ(3461) KYCOMホールディングス(3685)

    JUGEMテーマ:株・投資

    10日22日 上昇トップ3銘柄
    ☆4335 (株)アイ・ピー・エス
     8月10日に平成30年6月期 決算短信[のIRがでてました。
     30年6月期の業績は売上高20億4600万円、
     営業利益7000万円、経常利益7100万円、
     当期純利益4600万円となっていました。
     来期予想は今期と比べ、売上高2.3%減、
     営業理経98.7%増、経常利益96.9%増、
     当期純利益105.8%増と良いものでした。
     17日にNTTドコモが発表した
     「ドコモ・レンディングプラットフォーム」が
     収益機会の増加につながるとの見方から買われているようで、
     3日連続でストップ高まで買われています。
     1500円以上も期待できるでしょう。

    ☆3461 (株)パルマ
     10月19日に平成30年9月期 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
     平成30年9月期 配当予想の修正(増配)に関するお知らせのIR、
     トランクシステム工業株式会社との資本提携に関するお知らせのIRがでてました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高7.2%減、
     営業利益34.0%増、経常利益34.8%増、
     当期純利益34.8%増となっていました。
     期末の配当予想を修正しており、
     1円増配し10円となっていました。
     さらにトランクシステム工業株式会社と、
     資本提携を行うとのことです。
     これ等が評価されストップ高まで買われています。
     2500〜3000円辺りも期待できるでしょう。

    ☆9685 KYCOMホールディングス(株)
     10月19日に連結子会社の異動(株式譲渡)及び
     特別利益の発生に関するお知らせのIRがでてました。
     子会社であるサポタント株式会社の全株式を
     株式会社クロス・コミュニケーションに譲渡するとのことです。
     それにより、1億4000万円の特別利益を計上するとのことです。
     これが評価されストップ高まで買われています。
     450〜500円辺りも期待できるでしょう。

    10月22日 下降トップ3銘柄
    ★7034 (株)プロレド・パートナーズ
     10月19日に通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
     通期の業績予想を修正しており、
     前回予想と比べ、売上高15.2%増、
     営業利益7.6%増、経常利益3.5%増、
     当期純利益3.4%増と上方修正していました。
     ただし、第3四半期の業績が良かっただけに、
     通期予想は減益予想となっており、
     これが原因でストップ安まで売られています。
     さらに売られることも考えられますので、
     しばらくは様子見している方が良いでしょう。

    ★3960 (株)バリューデザイン
     8月30日にバリューデザイン、りそなグループが提供する
     「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」へ
     ハウスプリペイド管理機能を提供のIRがでてました。
     りそなグループが2018年11月以降に提供開始予定の、
     「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」へ
     「バリューカードASPサービス」の機能を提供するとのことです。
     これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
     1700円ほどだった株価が2600円を超えていました。
     10月15日からはキャッシュレス関連として買われ、
     5日連続で右肩上がりに買われ、
     2200円ほどだった株価が3800円を超えていました。
     本日は利確売りに押されているのでしょう。

    ★9909 愛光電気(株)
     7月26日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
     前年同期と比べ、売上高5.2%減、
     営業利益7.8%増、経常利益13.6%減、
     四半期純利益5.6%増となっていました。
     ここは7月から出来高が増え買われだし、
     2000円後半だった株価が4600円を超えていました。
     10月10日にコーポレート・ガバナンスに関する報告書にて、
     大株主の名前にT氏の名前があったことから右肩上がりに買われ、
     2700円ほどだった株価が5300円を超えていました。
     現在は利確売りに押されているのでしょう。

    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      10日19日 上昇トップ3銘柄 高見沢サイバネティックス(6424) メディアファイブ(3824) バリューデザイン(3960)

      JUGEMテーマ:株・投資

      10日19日 上昇トップ3銘柄
      ☆6424 (株)高見沢サイバネティックス
       8月10日に平成31年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
       前年同期と比べ、売上高12.3%減、
       営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
       ここはキャッシュレス関連銘柄として買われており、
       2日連続でストップ高まで買われています。
       1500円以上も期待できるでしょう。

      ☆3824 メディアファイブ(株)
       10月11日に2019年5月期第1四半期決算短信のIRと、
       業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
       第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高6.2%増、
       営業利益は0から300万円へ、
       経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
       投資有価証券売却益5890万6千円を特別利益として計上したことにより、
       第2四半期の業績予想を修正しており、
       売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
       四半期純利益は黒字転換予想となっていました。
       10月12日にジュピタープロジェクト株式会社が大量保有報告書を提出しており、
       これが評価され4日連続でストップ高まで買われています。
       2000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

      ☆3960 (株)バリューデザイン
       8月30日にバリューデザイン、りそなグループが提供する
       「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」へ
       ハウスプリペイド管理機能を提供のIRがでてました。
       りそなグループが2018年11月以降に提供開始予定の、
       「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」へ
       「バリューカードASPサービス」の機能を提供するとのことです。
       これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
       1700円ほどだった株価が2600円を超えていました。
       10月15日からはキャッシュレス関連として買われ、
       5日連続で右肩上がりに買われています。
       4000円以上も期待できるでしょう。

      10月19日 下降トップ3銘柄
      ★7519 五洋インテックス(株)
       8月9日に平成31年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
       前年同期と比べ、売上高21.2%減、
       営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
       ここは9月26日に10株を1株に併合し、
       単元を1000から100へと変更していました。
       併合後は右肩下がりに売られていましたが、
       3000円以下になったところで多少反発し買われていました。
       本日は誰かが無理に売ったようで、
       2時50分からの数分で300円以上下落しています。
       さらに売られることも考えられますので、
       しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

      ★2599 ジャパンフーズ(株)
       10月18日に平成31年3月期 連結業績予想及び
       配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
       第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
       第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高4.5%減、
       営業利益29.6%減、経常利益36.0%減、
       四半期純利益35.9%減と下方修正していました。
       通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高0.6%減、
       営業利益34.3%減、経常利益38.7%減、
       当期純利益38.4%減と下方修正していました。
       さらに期末の配当予想を3円減配の17と減配予想となっていました。
       これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
       さらに売られることも考えられますので、
       しばらくは様子見している方が良いでしょう。

      ★3912 (株)モバイルファクトリー
       10月19日の12時15分に2018年12月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
       前年同期と比べ、売上高22.2%増、
       営業利益7.1%増、経常利益9.6%増、
       四半期純利益9.6%増となっていました。
       数字は悪くないものの材料出尽くし感から売られているようです。
       ただ、大きく売られているだけに、
       売りが落ち着けば多少の反発も期待できるでしょう。

      投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
      | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        10日18日 上昇トップ3銘柄 メディアファイブ(3824) アイ・ピー・エス(4335) ニチダイ(6467)

        JUGEMテーマ:株・投資

        10日18日 上昇トップ3銘柄
        ☆3824 メディアファイブ(株)
         10月11日に2019年5月期第1四半期決算短信のIRと、
         業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
         第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高6.2%増、
         営業利益は0から300万円へ、
         経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
         投資有価証券売却益5890万6千円を特別利益として計上したことにより、
         第2四半期の業績予想を修正しており、
         売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
         四半期純利益は黒字転換予想となっていました。
         10月12日にジュピタープロジェクト株式会社が大量保有報告書を提出しており、
         これが評価され3日連続でストップ高まで買われています。
         2000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

        ☆4335 (株)アイ・ピー・エス
         8月10日に平成30年6月期 決算短信[のIRがでてました。
         30年6月期の業績は売上高20億4600万円、
         営業利益7000万円、経常利益7100万円、
         当期純利益4600万円となっていました。
         来期予想は今期と比べ、売上高2.3%減、
         営業理経98.7%増、経常利益96.9%増、
         当期純利益105.8%増と良いものでした。
         本日は17日にNTTドコモが発表した
         「ドコモ・レンディングプラットフォーム」が
         収益機会の増加につながるとの見方から買われているようです。
         950〜1000円辺りも期待できるでしょう。

        ☆6467 (株)ニチダイ
         10月17日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
         第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
         第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高6.6%増、
         営業利益48.2%増、経常利益55.0%増、
         四半期純利益57.4%増と上方修正していました。
         通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高3.3%増、
         営業利益22.2%増、経常利益24.9%増、
         当期純利益25.4%増と上方修正していました。

         これが評価されストップ高まで買われています。
         1000円以上も期待できるでしょう。

        10月18日 下降トップ3銘柄
        ★5271 (株)トーヨーアサノ
         10月10日に平成31年2月期 第2四半期決算短信のIRと、
         剰余金の配当(中間配当)に関するお知らせのIRがでてました。
         第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.4%増、
         営業利益131.2%増、経常利益138.7%増、
         四半期純利益140.1%増と良いものでした。
         これが評価され4000円ほどだった株価が7800円を超えていました。
         本日は利確売りに押されているのでしょう。

        ★8909 (株)シノケングループ
         10月18日の13時10分に一部週刊誌記事についてのIRがでてました。
         一部週刊誌において『 “かぼちゃの馬車”みたいな... 』との見出しにて、
         当社グループである株式会社シノケンハーモニーが、
         あたかも金融機関から不正に融資を引き出しているかのごとく記載されていたとのことです。
         ただしそのような事実はありませんとのことです。
         この一部週刊誌の報道により売られているのでしょう。

        ★6699 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス(株)
         10月16日に当社連結子会社によるスポンサー契約締結のお知らせのIRがでてました。
         結子会社であるダイヤモンド電機株式会社が、
         田淵電機とスポンサー契約を締結したとのことで、
         これが評価され前日にストップ高まで買われていました。
         本日は利確売りに押されているのでしょう。

        投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。

        | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          10日17日 上昇トップ3銘柄 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス(6699) 田淵電機(6624) SIG(4386)

          JUGEMテーマ:株・投資

          10日17日 上昇トップ3銘柄
          ☆6699 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス(株)
           10月16日に当社連結子会社によるスポンサー契約締結のお知らせのIRがでてました。
           結子会社であるダイヤモンド電機株式会社が、
           田淵電機とスポンサー契約を締結したとのことで、
           これが評価されストップ高まで買われています。
           1500円以上も期待できるでしょう。

          ☆6624 田淵電機(株)
           6月25日に事業再生ADR手続の正式申込及び
           受理に関するお知らせのIRがでてました。
           当社並びに子会社である田淵電子工業株式会社及び
           テクノ電気工業株式会社は、
           6月25日に事業再生ADR手続の取扱事業者である
           事業再生実務家協会対し、
           事業再生ADR手続利用についての正式な申込を行い、
           同日受理されたとのことです。
           これが原因で240円ほどだった株価が120円以下まで売られていました。
           8月10日に平成31年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
           前年同期と比べ、売上高18.3%減、
           営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
           9月25日にスポンサー支援に関する合意書締結のお知らせのIRがでてました。
           ダイヤモンド電機株式会社とスポンサー支援に関する合意書を締結したとのことです。
           10月16日に第三者割当増資に係るスポンサー支援に関する契約の締結及び
           第三者割当増資による新株式発行に係る発行登録に関するお知らせのIRがでてました。
           ダイヤモンド電機株式会社と当社普通株式の第三者割当を内容とする
           スポンサー支援に関する契約を締結したとのことです。
           これが評価されストップ高まで買われています。
           250〜300円辺りも期待できるでしょう。

          ☆4386 (株)SIG
           8月10日に平成31年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
           第1四半期の業績は売上高9億3700万円、
           営業利益4600万円、経常利益2900万円、
           四半期純利益1900万円となっていました。
           10月16日に平成31年3月期
           第2四半期累計期間業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
           第2四半期の業績予想を修正しており、
           前回予想と比べ、売上高2.1%増、
           営業利益65.1%増、経常利益47.1%増、
           四半期純利益67.3%増と上方修正していました。
           これが評価されストップ高まで買われています。
           3000円以上も期待できるでしょう。

          10月17日 下降トップ3銘柄
          ★6064 (株)アクトコール
           10月15日に平成30年11月期 第3四半期決算短信のIRと、
           平成30年11月期配当予想の修正及び
           株主優待制度の廃止に関するお知らせのIR、
           特別損失の計上に関するお知らせのIR等がでてました。
           第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高34.7%増、
           営業利益164.5%増、経常利益226.3%増、
           四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
           さらに配当予想を修正しており、
           前期5円でており、未定だった配当予想が無配となり、
           株主優待を廃止するとのことです。
           これ等が原因で2日連続でストップ安まで売られているのでしょう。
           さらに売られることも考えられますので、
           しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

          ★7242 KYB(株)
           10月16日の13時40分に当社及び当社の子会社が製造した
           建築物用免震・制振用オイルダンパーの検査工程等における
           不適切行為についてのIRがでてました。
           子会社であるカヤバシステムマシナリー株式会社は、
           建築物用の免震・制振部材として
           オイルダンパーを製造・販売してまいりました。
           今般、出荷していた免震・制振用オイルダンパーの一部について、
           性能検査記録データの書き換え行為により、
           大臣認定の性能評価基準に適合していない、
           または、お客様の基準値を外れた製品を
           建築物に取り付けていた事実が判明し、
           国土交通省に報告を行うとともに、
           対応状況について公表することといたしましたとのことで、
           これが原因でIR後から売られており、
           本日もストップ安まで売られています。
           さらに売られることも考えられますので、
           しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

          ★9107 川崎汽船(株)
           10月16日に2019年3月期第2四半期連結累計期間業績予想ならびに
           通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
           第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
           第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高0.9%増、
           営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
           通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高5.2%増、
           営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落と下方修正していました。
           これが原因で大きく売られているのでしょう。
           さらに売られることも考えられますので、
           しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

          投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
          | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            10日16日 上昇トップ3銘柄 メディアファイブ(3824) シンバイオ製薬(4582) NTT都市開発(8933)

            JUGEMテーマ:株・投資

            10日16日 上昇トップ3銘柄
            ☆3824 メディアファイブ(株)
             10月11日に2019年5月期第1四半期決算短信のIRと、
             業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
             第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高6.2%増、
             営業利益は0から300万円へ、
             経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
             投資有価証券売却益5890万6千円を特別利益として計上したことにより、
             第2四半期の業績予想を修正しており、
             売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
             四半期純利益は黒字転換予想となっていました。
             10月12日にジュピタープロジェクト株式会社が大量保有報告書を提出しており、
             これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
             1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

            ☆4582 シンバイオ製薬(株)
             9月27日の8時45分に抗悪性腫瘍剤「トレアキシン」の
             再生医療等製品の前処置に関する
             一部変更承認申請のお知らせのIRがでてました。
             抗悪性腫瘍剤「トレアキシンR」(一般名:ベンダムスチン塩酸塩)に関し、
             新たな効能効果として、再生医療等製品の前処置に使用可能とするため、
             製造販売承認事項に係わる一部変更承認申請を行いましたとのことです。
             10月16日に抗悪性腫瘍剤「トレアキシン」の
             自社販売に向けた準備開始のお知らせの適時開示がでてました。
             抗悪性腫瘍剤「トレアキシン」の国内販売について
             自社による販売体制構築の準備を開始したとのことで、
             これが評価されストップ高まで買われています。
             250円以上も期待できるでしょう。

            ☆8933 NTT都市開発(株)
             10月15日に当社親会社である日本電信電話株式会社の子会社
             NTT−SH株式会社による当社株式に対する
             公開買付けに関する賛同の意見表明及び応募推奨のお知らせのIRがでてました。
             NTT−SH株式会社による公開買付に賛同を表明しており、
             公開買付価格1680円とのことで、
             この価格に向かって動いているのでしょう。

            10月16日 下降トップ3銘柄
            ★3810 サイバーステップ(株)
             10月15日に2019年5月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
             前年同期と比べ、売上高74.6%増、
             営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
             これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
             さらに売られることも考えられますので、
             しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

            ★6064 (株)アクトコール
             10月15日に平成30年11月期 第3四半期決算短信のIRと、
             平成30年11月期配当予想の修正及び
             株主優待制度の廃止に関するお知らせのIR、
             特別損失の計上に関するお知らせのIR等がでてました。
             第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高34.7%増、
             営業利益164.5%増、経常利益226.3%増、
             四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
             さらに配当予想を修正しており、
             前期5円でており、未定だった配当予想が無配となり、
             株主優待を廃止するとのことです。
             これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。
             さらに売られることも考えられますので、
             しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

            ★2884 (株)ヨシムラ・フード・ホールディングス
             10月15日に平成31年2月期 第2四半期決算短信のIRと、
             平成31年2月期第2四半期連結累計期間業績予想値と実績値の差異及び
             通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
             第2四半期の業績は実績値と予想値に差異があり、
             実績値は予想値と比べ、売上高2.1%減、
             営業利益38.8%減、経常利益27.1%減、
             四半期純利益18.7%減となっていました。
             さらに通期の業績予想を修正しており、
             前回予想と比べ、売上高2.9%増、
             営業利益40.6%減、経常利益33.8%減、
             当期純利益36.8%減と下方修正していました。
             これ等が原因でストップ安手前まで売られているのでしょう。
             さらに売られることも考えられますので、
             しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

            投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
            | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              10日15日 上昇トップ3銘柄 ネオス(3627) Gunosy(6047) TBグループ(6775)

              JUGEMテーマ:株・投資

              10日15日 上昇トップ3銘柄
              ☆3627 ネオス(株)
               10月12日に平成31年2月期 第2四半期決算短信のIRと、
               業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
               第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高34.9%増、
               営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
               さらに通期の業績予想を修正しており、
               前回予想と比べ、売上高12.5%増、
               営業利益700%増、経常利益900%増、
               当期純利益大幅増と上方修正していました。
               これが評価されストップ高まで買われています。
               1500〜2000円辺りも期待できるでしょう。

              ☆6047 (株)Gunosy
               10月12日に2019年5月期 第1四半期決算短信のIRと、
               2019年5月期第2四半期(累計)及び
               通期業績予想の修正に関するお知らせのIR等がでてました。
               第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高53.3%増、
               営業利益90.3%増、経常利益90.3%増、
               四半期純利益100.5%増と良いものでした。
               さらに第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
               第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高7.7%増、
               営業利益19.5%増、経常利益19.5%増、
               四半期純利益67.7%増と上方修正していました。
               通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高3.6%増、
               営業利益8.7%増、経常利益8.7%増、
               当期純利益30.9%増と上方修正していました。
               3000〜3500円辺りも期待できるでしょう。

              ☆6775 (株)TBグループ
               8月10日に平成31年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
               前年同期と比べ、売上高21.5%減、
               営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
               本日は安倍総理が消費税10%に引き上げると表明したことにより、
               レジを扱うここが消費税関連としてストップ高まで買われています。
               450〜500円辺りも期待できるでしょう。

              10月15日 下降トップ3銘柄
              ★1401 (株)エムビーエス
               10月12日に2019年5月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
               前年同期と比べ、売上高19.1%減、
               営業利益85.6%減、経常利益71.9%減、
               四半期純利益73.5%減となっていました。
               これが原因で大きく売られているのでしょう。
               さらに売られることも考えられますので、
               しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

              ★3562 (株)No.1
               10月12日に平成31年2月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
               前年同期と比べ、売上高3.7%増、
               営業利益21.1%減、経常利益22.9%減、
               四半期純利益21.4%減となっていました。
               これが原因で大きく売られているのでしょう。
               さらに売られることも考えられますので、
               しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

              ★9519 (株)レノバ
               10月5日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
               前年同期と比べ、売上高34.8%増、
               営業利益7.9%減、経常利益26.7%減、
               四半期純利益48.8%減となっていました。
               本日は地合いが悪い事や、
               業績が原因で大きく売られているのでしょう。
               さらに売られることも考えられますので、
               しばらくは様子見している方が良いでしょう。

              投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
              | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                10日12日 上昇トップ3銘柄 INEST(3390) コシダカホールディングス(2157) テリロジー(3356)

                JUGEMテーマ:株・投資

                10日12日 上昇トップ3銘柄
                ☆3390 INEST(株)
                 8月9日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                 前年同期と比べ、売上高38.0%増、
                 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
                 燦キャピタルマネージメントが急騰していることで、
                 低位株に資金が集まっているようで、
                 ここも買われているのでしょう。
                 130〜150円辺りも期待できるでしょう。

                ☆2157 (株)コシダカホールディングス
                 10月11日に2018年8月期決算短信のIRがでてました。
                 2018年8月期の業績は前年と比べ、売上高11.7%増、
                 営業利益27.8%増、経常利益29.2%増、
                 当期純利益36.0%増となっていました。
                 来期予想は今期と比べ、売上高6.9%増、
                 営業利益18.9%増、経常利益13.4%増、
                 当期純利益17.6%増の予想でした。
                 さらに来期の配当予想は中間配当6円、期末配当6円と、
                 中間、期末共に1円ずつ増配していました。
                 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
                 1600円〜1800円辺りも期待できるでしょう。

                ☆3356 (株)テリロジー
                 8月10日に平成31年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                 前年同期と比べ、売上高6.5%減、
                 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
                 ここはT氏の公表しているポジション銘柄で、
                 1000円ほどだった株価が1950円を超えていました。
                 前日、前々日と売られており、
                 2日で株価が700円以上下がっていました。
                 10月11日に主要株主の異動に関するお知らせのIRがでており、
                 山田亨氏の持ち株比率が上がっていたことで、
                 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
                 再度1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

                10月12日 下降トップ3銘柄
                ★4025 多木化学(株)
                 10月4日にバカマツタケの完全人工栽培に成功のニュースがでてました。
                 バカマツタケをきのこ工場で季節を問わず栽培できる技術とのことで、
                 これが評価され3日連続でストップ高まで買われ、
                 5100円ほどだった株価が9500円を超えていました。
                 本日は利確売りに押されているのでしょう。

                ★6048 (株)デザインワン・ジャパン
                 10月10日に平成30年8月期 決算短信のIRと、
                 剰余金の配当(無配)に関するお知らせのIRがでてました。
                 30年8月期業績は前年と比べ、売上高15.8%増、
                 営業利益6.2%増、経常利益6.4%増、
                 当期純利益0.3%減となっていました。
                 来期予想は今期と比べ、売上高2.3%増、
                 営業利益25.0%減、経常利益24.3%減、
                 当期純利益16.0%減の予想でした。
                 これが原因で大きく売られているのでしょう。
                 さらに売られることも考えられますので、
                 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

                ★8237 (株)松屋
                 10月11日に平成31年2月期 第2四半期決算短信のIRと、
                 平成31年2月期第2四半期(累計)業績予想と差異および
                 平成31年2月期通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
                 第2四半期の業績は実績値と予想値に差異があり、
                 実績値は予想値と比べ、売上高4.1%増、
                 営業利益13.4%増、経常利益45.6%増、
                 四半期純利益47.3%増となっていました。
                 さらに通期の業績予想を修正しており、
                 前回予想と比べ、売上高2.2%増、
                 営業利益9.1%減、経常利益9.5%減、
                 当期純利益は変わらずの予想でした。
                 これが原因で大きく売られているのでしょう。
                 さらに売られることも考えられますので、
                 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

                投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
                | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  10日11日 上昇トップ3銘柄 愛光電気(9909) フィスコ(3807) スタジオアタオ(3550)

                  JUGEMテーマ:株・投資

                  10日11日 上昇トップ3銘柄
                  ☆9909 愛光電気(株)
                   7月26日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                   前年同期と比べ、売上高5.2%減、
                   営業利益7.8%増、経常利益13.6%減、
                   四半期純利益5.6%増となっていました。
                   ここは7月から出来高が増え買われだし、
                   2000円後半だった株価が4600円を超えていました。
                   10月10日にコーポレート・ガバナンスに関する報告書にて、
                   大株主の名前にT氏の名前があったことから、
                   ストップ高まで買われているようです。
                   T氏が手掛けているなら5000〜10000円辺りも期待できるでしょう。

                  ☆3807 (株)フィスコ
                   10月10日に持分法適用関連会社における事業の譲受けに関するお知らせのIRがでてました。
                   持分法適用関連会社である株式会社フィスコ仮想通貨取引所は、
                   平成30年10月10日開催の取締役会において、
                   仮想通貨交換所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社と、
                   仮想通貨交換所「Zaif」事業を譲り受けることに関し、
                   事業譲渡契約を締結することを決議いたしましたとのことで、
                   これが評価され大きく買われているのでしょう。
                   400円辺りも期待できるでしょう。

                  ☆3550 (株)スタジオアタオ
                   10月10日に平成31年2月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
                   前年同期と比べ、売上高26.0%増、
                   営業利益39.8%増、経常利益40.3%増、
                   四半期純利益40.9%増となっていました。
                   これが評価され大きく買われているのでしょう。
                   2700〜3000円辺りも期待できるでしょう。

                  10月11日 下降トップ3銘柄
                  ★2722 (株)アイケイ
                   10月10日に業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
                   2019年5月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                   第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高13.0%増、
                   営業利益70.4%減、経常利益68.6%減、
                   四半期純利益74.4%減となっていました。
                   さらに第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
                   第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高4.6%減、
                   営業利益49.0%減、経常利益48.0%減、
                   四半期純利益49.0%減と下方修正していました。
                   通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高2.3%減、
                   営業利益21.1%減、経常利益20.7%減、
                   当期純利益20.3%減と下方修正していました。
                   これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。
                   さらに売られることも考えられますので、
                   しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

                  ★9820 エムティジェネックス(株)
                   8月10日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                   前年同期と比べ、売上高13.6%増、
                   営業利益29.4%増、経常利益27.8%増、
                   四半期純利益30.7%増となっていました。
                   ここはT氏のポジション銘柄として買われ、
                   2000円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
                   45000円を超えていました。
                   前日からT氏のポジション銘柄が売られており、
                   (T氏が売ったわけではないもようです)
                   前日、本日とストップ安まで売られています。
                   さらに売られることも考えられますので、
                   しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

                  ★3189 (株)ANAP
                   10月10日に平成30年8月期 決算短信のIRと、
                   自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIR等がでてました。
                   30年8月期の業績は売上高66憶2700万円、
                   営業利益3億4900万円、経常利益3億4000万円、
                   当期純利益2億5500万円となっていました。
                   来期予想は今期と比べ、売上高7.2%増、
                   営業利益2.0%増、経常利益6.2%減、
                   当期純利益3.8%増の予想でした。
                   さらに25万株(3億円上限)で自己株式を取得するとのことです。
                   来期の経常利益がマイナス予想なことや、
                   決算に向け株価が上がっていた事、
                   地合いの悪さ、材料出尽くし感から売られているようです。
                   地合いが良くなれば多少の反発も期待できるでしょう。

                  投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
                  | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  0
                    10日10日 上昇トップ3銘柄 アルデプロ(8925) 極東産機(6233) 多木化学(4025)

                    JUGEMテーマ:株・投資

                    10日10日 上昇トップ3銘柄
                    ☆8925 (株)アルデプロ
                     10月9日に平成31年7月期通期業績予想の公表に関するお知らせのIRがでてました。
                     通期の業績予想を発表しており、
                     売上高272億円、経常利益22億円、
                     経常利益14億円、当期純利益10億2000万円と黒字転換予想でした。
                     これが評価され大きく買われています。
                     80〜100円辺りも期待できるでしょう。

                    ☆6233 極東産機(株)
                     9月27日に東京証券取引所JASDAQへの上場に伴う
                     当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
                     30年9月期の業績予想は前年と比べ、売上高1.7%増、
                     営業利益2.7%減、経常利益2.3%減、
                     当期純利益0.4%減の予想でした。
                     ここは9月27日に上場し、
                     公開価格405円の1.71倍となる696円で初値をつけました。
                     その後は597円まで売られていましたが、
                     翌日から4日連続で大きく買われ1590円を超えていました。
                     前日は利確売りに押されていました。
                     10月9日に日経CNBC 昼エクスプレス「IPO社長に聞く」出演のお知らせがでてました。
                     10月11日に代表取締役社長・頃安氏が
                     日経CNBC「昼エクスプレス」内「IPO社長に聞く」コーナーに出演するとのことで、
                     これに期待されストップ高まで買われているのでしょう。
                     1400〜1500円辺りも期待できるでしょう。

                    ☆4025 多木化学(株)
                     10月4日にバカマツタケの完全人工栽培に成功のニュースがでてました。
                     バカマツタケをきのこ工場で季節を問わず栽培できる技術とのことで、
                     これが評価され3日連続でストップ高まで買われています。
                     明日は上限値幅が倍になりますので、
                     10000円辺りも期待できるでしょう。

                    10月10日 下降トップ3銘柄
                    ★3356 (株)テリロジー
                     8月10日に平成31年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                     前年同期と比べ、売上高6.5%減、
                     営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
                     ここはT氏の公表しているポジション銘柄で、
                     1000円ほどだった株価が1950円を超えていました。
                     本日はT氏銘柄が売られているようで、
                     ここだけでなくエムティジェネックス、
                     オウケイウェイヴも売られています。
                     さらに売られることも考えられますので、
                     ここから手を出すなら注意が必要でしょう。

                    ★2134 燦キャピタルマネージメント(株)
                     8月14日に平成31年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
                     前年同期と比べ、売上高70.9%減、
                     営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
                     某投資家の方がツイッターでつぶやいており、
                     材料待ちの噂ありとのことで4日連続で大きく買われ、
                     60円ほどだった株価が180円を超えていました。
                     本日は利確売りに押されているのでしょう。

                    ★4356 応用技術(株)
                     8月8日に平成30年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
                     前年同期と比べ、売上高16.3%増、
                     営業利益53.5%増、経常利益51.6%増、
                     四半期純利益48.6%増となっていました。
                     四季報にて河川氾濫解析など自治体の防災コンサル絶好調、
                     SEフル稼働し利益上振れへ。増配か。
                     19年12月期も好採算の防災コンサル牽引。と書かれたことより、
                     これが評価され1100円ほどだった株価が2000円を超えていました。
                     現在は利確売りに押されているのでしょう。

                    投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
                    | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    0
                      10日9日 上昇トップ3銘柄 燦キャピタルマネージメント(2134) INEST(3390) 地域新聞社(2164)

                      JUGEMテーマ:株・投資

                      10日9日 上昇トップ3銘柄
                      ☆2134 燦キャピタルマネージメント(株)
                       8月14日に平成31年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
                       前年同期と比べ、売上高70.9%減、
                       営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
                       某投資家の方がツイッターでつぶやいており、
                       材料待ちの噂ありとのことで4日連続で大きく買われているようです。
                       ただ、株価が大きく上がっているだけに、
                       利確売りには注意が必要でしょう。

                      ☆3390 INEST(株)
                       8月9日に2019年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                       前年同期と比べ、売上高38.0%増、
                       営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
                       燦キャピタルマネージメントが急騰していることで、
                       低位株に資金が集まっているようで、
                       ここも買われているのでしょう。
                       130〜150円辺りも期待できるでしょう。

                      ☆2164 (株)地域新聞社
                       7月2日に平成30年8月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
                       前年同期と比べ、売上高3.4%増、
                       営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
                       9月4日発売の日経トレンディで坂本氏が、
                       地域新聞社を注目銘柄として取り上げて、
                       「フリーペーパー買収に興味があるライザップが
                        次に目をつけそうな可能性が大きい」として記事にしたことにより、
                       ライザップからの買収思惑から買われ、
                       500円ほどだった株価が2000円を超えていました。
                       本日は明日の決算への期待から買われているようです。
                       決算の結果次第では2500円以上も期待できるでしょう。

                      10月9日 下降トップ3銘柄
                      ★9972 アルテック(株)
                       10月5日に平成30年11月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
                       前年同期と比べ、売上高9.6%増、
                       営業利益15.4%増、経常利益17.8%増、
                       四半期純利益8.1%増となっていました。
                       ただ、営業利益、経常利益、四半期純利益は第2四半期より悪くなっており、
                       これが原因で大きく売られているのでしょう。
                       さらに売られることも考えられますので、
                       しばらくは様子見している方が良いでしょう。

                      ★8886 (株)ウッドフレンズ
                       10月5日に2019年5月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
                       前年同期と比べ、売上高6.5%増、
                       営業利益41.8%減、経常利益58.1%減、
                       四半期純利益75.5%減となっていました。
                       これが原因で大きく売られているのでしょう。
                       さらに売られることも考えられますので、
                       しばらくは様子見している方が良いでしょう。

                      ★6233 極東産機(株)
                       9月27日に東京証券取引所JASDAQへの上場に伴う
                       当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
                       30年9月期の業績予想は前年と比べ、売上高1.7%増、
                       営業利益2.7%減、経常利益2.3%減、
                       当期純利益0.4%減の予想でした。
                       ここは9月27日に上場し、
                       公開価格405円の1.71倍となる696円で初値をつけました。
                       その後は597円まで売られていましたが、
                       翌日から4日連続で大きく買われ1590円を超えていました。
                       現在は利確売りに押されているのでしょう。

                      投資情報共有サイトTIPHERETHをよろしくお願いします。
                      | manekineko666 | 上昇下降3銘柄 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      CATEGORIES
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ